日本護衛艦、中国空母と並走

Twitter投稿画像より、説明は筆者が追記。むらさめ型orたかなみ型護衛艦

 太平洋に進出した中国空母「遼寧」の艦隊を追い掛けていた日米の駆逐艦のうち1隻、米イージス駆逐艦「マスティン」が4月4日に中国空母を撮影した写真がアメリカ海軍から公式発表されていましたが(米イージス駆逐艦、中国空母と並走)、今度は新たに非公式の動画と写真がTwitterに投稿されました。

 なお投稿者( @shiwenye3 )は既にアカウントごと削除済みですが、複製された動画と写真は拡散されています。中国空母を追跡するアメリカ海軍のイージス艦の乗組員による流出映像です。

 動画と一緒に投稿されていた写真の手前に撮影者の乗艦が写り込んでいますが、その写っていた幾つかの部品の特徴からアメリカ海軍のアーレイ・バーク級イージス駆逐艦から撮影されたことは確定しました。

 そして撮影写真の中国空母の奥に、日本海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」型ないし「たかなみ」型らしき艦影が写っていました。

Twitter投稿画像を拡大。「むらさめ」型ないし「たかなみ」型の艦影と一致
Twitter投稿画像を拡大。「むらさめ」型ないし「たかなみ」型の艦影と一致

参考比較用:海上自衛隊より、むらさめ型護衛艦
参考比較用:海上自衛隊より、むらさめ型護衛艦

 拡大して見比べてみると、これは海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」型ないし準同型「たかなみ」型の艦影と特徴が完全に一致していることが分かります。2本の煙突の間隔、第二煙突後方の射撃指揮レーダーを載せた塔の出っ張り、更にその後方のCIWSは白い塗装が背景と同化して見え難いですが、間違いありません。後部格納庫の形状、艦尾の若干の傾斜(ミニ・オランダ坂)といった特徴的な設計も視認できます。

 これは中国艦でも米艦でもなく、日本の護衛艦です。

 米イージス駆逐艦「マスティン」は大胆に中国空母を並走しながら記念撮影していましたが、日本護衛艦も同様に中国空母と並走していたことが判明しました。