アンチェロッティ、ラニエリ、ピルロ…20名の識者がユーヴェVSナポリを予想

昨季2月の対戦時のアッレグリ監督(ユーヴェ)とサッリ監督(ナポリ)(写真:ロイター/アフロ)

イタリア・セリエAでは29日、第11節でユヴェントス対ナポリのビッグマッチが行われる。昨季タイトルを争った両チームの直接対決を前に、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が名将ら20名に試合の予想を求めた。王者ユーヴェの対抗馬にも触れている。

ゴンサロ・イグアインの「100億円超移籍」もあり、さらに注目度が高まっているユーヴェ対ナポリ。『ガゼッタ』は20名の関係者に次のような質問をした。

1.試合予想

2.ユーヴェの対抗馬

3.その対抗馬とユーヴェの差について

結論から言えば、試合予想は「ユヴェントス勝利」と「ドロー」が大半を占め、「ナポリ勝利」の予想はゼロだった。一方、対抗馬についてはナポリ以上にローマが有力視されているようだ。以下、20名の回答を簡略化してお伝えする。

◆カルロ・アンチェロッティ(バイエルン・ミュンヘン監督)

1.ユヴェントス

2.現時点ではローマが最有力

3.継続性

◆ジャンニ・リヴェーラ(元選手)

1.人生において予想をしたことはない

2.リーグ前半戦が終わるまでは分からない

3.ユーヴェが上回るが、その差は計り知れないものではない

◆クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ監督)

1.ホームでのユーヴェは実質的に無敵

2.まだ早すぎる

3.明確な対抗馬なしでは回答不可

◆アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)

1.ユヴェントス

2.ローマ

3.継続性

◆デメトリオ・アルベルティーニ(元選手)

1.ドロー

2.ローマとナポリ

3.大きな差がある

◆アンドレア・ストラマッチョーニ(パナシナイコス監督)

1.ドロー

2.ローマ

3.マーケット終了時点で思われていたほど差は大きくない

◆ジュゼッペ・ベルゴミ(元選手)

1.ドロー

2.ナポリ

3.一定の差がある

◆エルナン・クレスポ(元選手)

1.ユーヴェ

2.ローマ

3.ユーヴェにはトップでの経験がある

◆ミルチェア・ルチェスク(ゼニト・サンクトペテルブルク監督)

1.ユーヴェ

2.ナポリとローマ

3.一発勝負ではユーヴェに勝てるが、長期的には勝てない

◆チェーザレ・プランデッリ(バレンシア監督)

1.ユーヴェ

2.ローマ

3.多くの点で大きな差がある

◆ディノ・ゾフ(元選手)

1.ユーヴェ勝利かドロー

2.ローマとナポリ

3.どれだけの差かは29日の試合で分かる

◆ジャンニ・デ・ビアージ(アルバニア代表監督)

1.イグアインのゴールでユーヴェ勝利

2.ローマ

3.差は縮まったが、ローマはよりクオリティーが下がる

◆マルコ・マテラッツィ(チェンナイイン監督)

1.1-1のドロー

2.ローマ

3.理論上は大きな差があるが、ピッチはそうではないと示している

◆ブルーノ・ジョルダーノ(元選手)

1.ドロー

2.ナポリ

3.差は変わっていない

◆ワルテル・ゼンガ(監督)

1.2-2でドロー

2.ローマ

3.ユーヴェは勝利に慣れているが、スパレッティの仕事で差は縮まっている

◆ジョルジョ・スクインツィ(サッスオーロオーナー)

1.ユーヴェ

2.ローマ

3.差は縮まった。ディバラ不在なら最小限の差

◆ジョヴァンニ・ブランキーニ(代理人)

1.ユーヴェ勝利かドロー

2.ナポリだがインテルも除外せず

3.ユーヴェが勝利に慣れているが、モチベーション欠如は懸念要素

◆マルコ・タルデッリ(元選手・監督)

1.0-0でドロー

2.ユーヴェの真の敵はユーヴェ

3.差は大きい

◆オッターヴィオ・ビアンキ(元監督)

1.ドロー

2.ローマとナポリ

3.ライバルとの差は縮まった

◆ルカ・トーニ(エラス・ヴェローナ幹部)

1.3-2でユーヴェ勝利

2.ローマ

3.ユーヴェは困難を乗り越えて勝つことに慣れている