リンドブロム(トゥサン)自己最多の16勝目 20勝超えのペース<韓国KBOリーグ>

ジョシュ・リンドブロム(写真:トゥサンベアーズ)

30日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス対トゥサンベアーズは9対1でトゥサンが勝利。

トゥサンの先発ジョシュ・リンドブロム投手は韓国5年目で自己最多、リーグ1位の16勝目を挙げました。チームはこの日99試合目(144試合制)でこのペースだと20勝超えも可能です。

リンドブロム投手はNC打線に対し、普段よりも制球がばらついたことで球数が多くなり、5回96球を投げて2番手にバトンタッチ。ボールが先行すると最後はストレートで押し、6つの三振のうち5つが直球での空振り三振で、3つがフルカウントから奪ったものでした。

被安打3、失点1という投球内容で、リンドブロム投手は防御率、奪三振でもリーグトップに立っています。

◆「史上最速の100ホールド達成」

キウムヒーローズのハン・ヒョンヒ投手はLGツインズ戦(チャムシル)で4-2で2点リードの8回から4番手で登板し、1イニングを無失点に抑えて通算100ホールドを達成しました。史上11人目です。336試合目での100ホールド到達は最も少ない試合数となります。

プロ8年目26歳、右のサイドスローのハン・ヒョンヒ投手は2013、14年とホールド王となり今季はここまで20ホールド。チームの先輩キム・サンス投手の30個を追うリーグ3位です。

◇7月30日(火)の結果

・LG 2- 4 キウム(チャムシル)

 勝:ヨキッシュ

 敗:チャ ウチャン

・SK 0- 2 KIA(インチョン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:パク チョンフン

・KT 3- 2 ハンファ(スウォン)

 勝:アルカンタラ

 敗:サーポルト

・サムスン 5- 2 ロッテ(テグ)

 勝:ユン ソンファン

 敗:ソ ジュンウォン

・NC 1- 9 トゥサン(チャンウォン)

 勝:リンドブロム

 敗:イ ジェハク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。