アフリカ・中東の境目でサイクロン発生 ソマリアなどで記録的大雨のおそれ

17日 サイクロンの衛星画像 (提供:イギリス気象局)

追記(5/23):サガーは19日ソマリア西部に上陸。ソマリア史上最強サイクロンとなった。死者は50名以上、1,800人が家を失った。

北はアラビア半島、南はアフリカ大陸に挟まれたアデン湾は、昔からヨーロッパ、中東、アフリカやアジアを結ぶ世界的な航路として利用されてきました。今この場所にサイクロン・サガーが発生し、ソマリアやイエメンといった周辺諸国に大雨をもたらしています。

(↑イエメンで起きた洪水)

サイクロン・サガー(Sagar)の今後

サイクロンの進路予想(提供:インド気象局)
サイクロンの進路予想(提供:インド気象局)

日本時間18日(金)午前の時点で、サイクロンの中心はアデン湾の西部に位置し、約20キロの速度で西に進んでいます。中心気圧は996hPa、最大風速は秒速23メートルと、前日よりも勢力が強まっています。

インド気象局の予想によると、サガーはほぼ勢力を保ったままアデン湾西部を移動し、19日(土)にソマリア西部あるいはジブチに上陸する見込みです。

過去の統計

世界気象機関(WMO)によると、サガーのようにアデン湾を東から西に横切るサイクロンは珍しいようです。

記録を取り始めた1968年以降では、1984年5月にソマリア北部を直撃したサイクロンと、2015年11月にイエメンに上陸したメグ(国際名)の2個しかないといいます。さらに、今回上陸が危惧されるジブチに関しては、これまでサイクロンが上陸したという記録がないようです。

予想雨量

予想雨量 (提供:NOAA/The Hurricane Weather Research and Forecast System)
予想雨量 (提供:NOAA/The Hurricane Weather Research and Forecast System)

サガーは小ぶりである一方で、大量の雨を降らせるおそれがあります。雨量は広い範囲で100ミリ、特に多いところでは600ミリ以上にも上る予想が出ているのです。

例えばジブチの首都の年間平均降水量は160ミリですから、数年間分の雨が短時間で降ることになります。普段雨の降らない乾燥地帯に雨が降るので、大規模な洪水や土砂災害が起こるおそれがあります。加えて雨が上がった後も、マラリアやコレラといった伝染病が広がる可能性も危惧されています。