スーパー台風19号 今からできる備えは

ウェザーマップ 台風進路図

最新の台風進路図→https://www.jma.go.jp/jp/typh/

今年最強の猛烈な台風19号、米軍の観測ではスーパー台風にまで発達しています。

日本に来る頃には、スーパー台風ではなくなりますが、それでも非常に強い勢力で、12日(土)には、関東から紀伊半島にかけてかなり接近、上陸の恐れがあります。

その後、13日(日)にかけて関東から北日本を足早に駆け抜けて行くでしょう。

スーパー台風とは(過去の記事)

猛烈な勢力の中でも、特に破壊力のあるものを「スーパー台風」ということがあります。これは定義なく使用される場合もありますが、本来は、アメリカの米軍合同台風警報センターの台風の強さの分類で、台風の中でも最も強いレベルのものが「スーパー台風」と定義されています。アメリカの風速の測定は、時間の単位が日本と違うので、そのまま比べることはできないのですが、アメリカでは最大風速が130ノット以上(風速67メートル)の台風をスーパー台風としています。

前回の15号と同等、もしくはそれより強い勢力で接近・上陸するため、事前の備えが必要です。天気が荒れないあさって(金)の午前中までに備えておきましょう。

台風への備え

◆家の外の備え

・窓や雨戸の補強・排水溝の掃除・風で飛ばされやすいものは家の中へ

◆家の中の備え

・非常用品の確認(携帯用ラジオ、薬、非常用食品、コンロなど)

・室内からの安全対策→飛来物に備えて窓のカーテンやブラインドをおろしておく

・水の確保→お風呂の水を張っておく

◆避難場所と避難経路の確認

◆停電に備える

・懐中電灯・冷蔵庫を必要としない食品の準備・冷蔵庫は今から強にしておく・肉や魚は予め調理しておく・携帯の電池切れに備えてモバイルバッテリーの充電をし、節電するために機内モードにする・水の確保・マンションの場合はエレベーターが止まることを想定しておく

最新の台風情報のチェック(まだ接近のタイミングや位置が変わる可能性あり)