スタチンは、高コレステロール血症に処方される薬剤です。

このスタチンが新型コロナの重症化を防ぐのではないか、という議論があり国内外で検証が行われています。

スタチンとは?

スタチンの一般名と商品名(筆者作成)
スタチンの一般名と商品名(筆者作成)

スタチンは日本人の遠藤章先生が開発した高コレステロール血症の治療薬であり、HMG-CoA還元酵素を阻害することにより、肝臓のコレステロール合成を抑制し、血液中のコレステロールを低下させる作用があります。

また、スタチンは、心筋梗塞・脳梗塞などの心血管疾患発症を予防する効果を有しており、現在スタチンは100カ国以上で販売され、約4000万人が毎日服用するという、世界で最も使用される薬の一つです。

スタチンという言葉は聞いたことがないという方も、クレストール、リバロ、リピトール、メバロチン、ローコール、リポバス、メバコールといった商品名であれば聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

日本国内でも、スタチンは最も多く処方されている薬剤の一つです。

心筋梗塞・脳梗塞といった心血管疾患、脂質異常症(高脂血症および高コレステロール血症)といった基礎疾患はいずれも新型コロナに感染した場合重症化しやすいリスク因子であることが分かっていますが、このスタチンが新型コロナの重症化を防ぐことができるのではないか、という議論があります。

スタチンは新型コロナにどう作用する?

新型コロナでは、

・過剰な炎症反応が生じることによるサイトカインストーム

・凝固異常による血栓塞栓症

などが病態として知られています。

スタチンは抗炎症作用、抗血栓作用を持つことが知られており、新型コロナの過剰な炎症や血栓形成をスタチンが抑えることで重症化を防げるのではないか、という仮説があります。

一方で、基礎研究の領域では、スタチンはACE阻害薬やARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)と同様に、長期間服用することでACE2受容体の発現量を増加させることが指摘されています。

ACE2受容体は、新型コロナウイルスがヒトの細胞に侵入する際の入り口となるため、ウイルスが侵入しやすくなり、感染しやすくなる、あるいは重症化しやすくなるのではないかという仮説もあります。

このように、スタチンの服用が新型コロナに良いように作用するのではないか、あるいは悪い方向に働くのではないか、という相反する仮説が存在しています。

スタチンと新型コロナ:実際の患者データでは

実際にスタチンを飲んでいた人が新型コロナに感染した場合、どのように働くのか、様々な研究が報告されています。

これらの研究結果を見ると「おお!スタチンを飲んでいると死亡率が下がるんだ!スタチン飲むべし!」となりそうですが、これらの研究のほとんどは後方視的研究というエビデンスレベルの高いものではないため、これだけでスタチンが新型コロナに有効と結論づけることは難しい状況です。

さらに、スタチンは新型コロナに有効ではなかった、という研究も複数あります。

ということで、実際の患者データでもスタチンが新型コロナに有効なのかは不明ですが、少なくとも悪いように作用することはなさそうです。

そもそもスタチンを飲んでいる人は、飲んでいない人と比べると健康に気を配っている人が多く、そうした意識が死亡率に影響しているのではないかという考えもあり、これらの要因を完全に排除するためにはランダム化比較試験というエビデンスレベルの高い手法による研究が必要となります。

現時点でスタチンを飲んでる人はどうすればよいか?

写真:Paylessimages/イメージマート

現時点でスタチンを飲んでいる人は、やめる必要はなく、そのまま飲み続けましょう。

今スタチンを飲んでいない人が、新型コロナのためにスタチンを開始するための十分な根拠はまだありません。

スタチンでは横紋筋融解症、肝機能障害、蕁麻疹などの副作用が起こることがありますので、不必要にスタチンを内服することは推奨されません。

脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)のある方は、内服の必要性についてかかりつけ医と相談するようにしましょう。

参考;

JAMA. Could Statins Do More Than Lower Cholesterol in Patients With COVID-19?