小池百合子氏ぬかりなく「希望の党」を商標登録済

(写真:ロイター/アフロ)

「小池氏"希望の党"2月に商標出願…政党名準備」というニュースがありました。新党の名称を既に2月に出願済であったという話ですが、実際にはこの出願は審査も完了して無事登録(5977657号)されています(出願しただけなのに「商標登録」と誤報するニュース記事がたまに見られますが、その逆は珍しいです。)

権利者は小池百合子ご本人です。さらに、本人名義では「希望の党」の出願と同日(2月20日)に「都民ファーストの会」(5977656号)と「希望の塾」(5977658号)も出願されており、これらも無事登録済です。

政党による政治活動が商標法上の役務(サービス)にあたるかどうかは微妙なところですが、少しでも揉めごとを避けるために、前もって出願しておくというのは戦術的には重要です。第三者に先に勝手に出願されるケースも散見されるからです。

第三者による政党名の勝手出願というと「民進党」等を勝手出願した某社が思い浮かびますが、「日本維新の会」を出願(その後拒絶)、「東京都維新の会」や「平成維新の会」を登録済、「日本ファースト党」や「国民ファースト党」を出願済のドクター中松氏も無視できません(中松氏の場合はちゃんと料金を払っており、実際に自分で使用する意思がないとまでは言えないので必ずしも勝手出願とは言えないと思いますが)。

いずれにせよ、後で揉めるリスクを考えれば商標登録出願の費用など知れていますので、保険としての早めの出願は十分に意味があります。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ