沢田知可子「会いたい」著作者人格権裁判:原告の主張は正当なのか?

以前も書いた沢田知可子さんの「会いたい」について作詞家の沢ちひろさんが著作者人格権侵害で訴訟を提起したという件ですが、その第1回口頭弁論が大阪地裁で開かれたそうです(参考記事)。

フジテレビのとくダネ!で訴訟の内容をわりと詳しく解説していたので、記憶を頼りにまとめてみます。

まず、以前も書いたとおり「会いたい」の替歌をテレビのバラエティで歌ったことは今回の訴訟とは関係ありません(作詞者側に訴訟を起こす気持ちにさせたという点で間接的な影響はあるかもしれませんが)。また、被告は沢田知可子さんではなく、プロデューサーとレコード会社です(沢田知可子さんは歌唱だけで詞にはからんでいないので当然です)。

そして、訴訟の争点ですが、第一に、タイトル「会いたい」を「会いたい with INSPi」に変えたことが問題とされているようです。INSPiとはCDでこの曲を一緒に歌っているアカペラグループの名前です。このアルバム収録曲はが全部誰かとのデュエット曲という企画になっており、他の曲もたとえば「xxxx with 杉山清隆」というようなフォーマットになっています。第二に、歌の前に”I'm in Love with You”というフレーズがアカペラで付加されている点が問題とされているようです。

”with INSPi”の部分はタイトル(題号)というよりは、楽曲の説明なので第一の争点は無理筋だと思います。第二の争点はやや微妙ですが、これが許されないとすると、たとえば、歌の途中で”Oh Yeah”というのも、同一性保持権の侵害になり得てしまうのでちょっとまずいですね。

なお、前回も書いたように、日本の著作権法における同一性保持権侵害の問題は「著作者の名誉が損なわれたか」という観点ではなく 「著作者の意に反するか」どうかが論点となる点に注意して下さい。とは言え「著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に照らしやむを得ないと認められる改変」には同一性保持権は及ばないとされているので、権利者が「意に反している」と主張しても認められない余地はあります(また、民法上の権利の濫用の論点もあり得ます)。

とくダネ!では、福井健策弁護士のコメントが紹介されていましたが、第一の論点(タイトル(?)の改変)については×(原告主張が認められない可能性が高い)、第二の論点については△(微妙)ということでした。私も同感です。

また、本事件により「カバー曲CD製作に対する萎縮効果が出ることを危惧する」といったような福井弁護士の意見も紹介されていました。本来的にはJASRACに所定の料金さえ払えばカバー曲CDは作れるのですが、今は、カバー曲を出すときは権利者(作詞家・作曲家、または、音楽出版社)に事前にことわっておくのが業界の慣例だと聞いています(参考弊所ブログエントリー)。今回はそういう手続きをとっていなかったということなんでしょう。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    紆余曲折を経て依然一進一退の難解な中盤戦 名人戦第5局▲豊島将之名人-△渡辺明挑戦者戦、2日目進行中松本博文8/8(土) 10:46
  2. 2
    渡辺明挑戦者(36)歩頭に出た金は名人戦史上に残る妙手となるか? 七番勝負第5局2日目午後松本博文8/8(土) 15:47
  3. 3
    ユニクロ「鬼滅」シャツ人気、発売日に一時完売も→メルカリで大量転売岡田有花8/7(金) 11:28
  4. 4
    1日目から波乱万丈の名人戦第5局 豊島将之名人(30)が53手目を封じて終了松本博文8/7(金) 20:23
  5. 5
    「名人に定跡なし」の端桂に二手損で居玉に戻す挑戦者 名人戦第5局は1日目午前から驚愕、また驚愕の進行松本博文8/7(金) 14:22
  6. 6
    豊島将之名人(30)渡辺明挑戦者(36)相譲らず勝敗不明の最終盤へ 名人戦七番勝負第5局2日目松本博文8/8(土) 18:39
  7. 7
    将棋の2日制のタイトル戦では2通の封じ手が作られるけれど、そこで違う手が書かれていたらどうなるのか?松本博文8/8(土) 17:42
  8. 8
    ソニーのゲーム事業「巣ごもり効果」で“地獄”から“天国”へ PS5抜きでも河村鳴紘8/8(土) 10:00
  9. 9
    「名人候補」渡辺明挑戦者(36)悲願の名人位獲得まであと1勝 熱闘の七番勝負第5局を制す松本博文8/8(土) 20:48
  10. 10
    藤井聡太挑戦者「負けにしてしまったのかもしれない」王位戦七番勝負第3局終局後コメント全文松本博文8/5(水) 21:45