地銀がマネーロンダリング対策として現金の持ち込みによる海外送金を相次いで停止し、大手銀行でも同様の動きが出てきた。地銀が対策を強化したのは今年のマネーロンダリング対策の国際組織の国内審査も背景にある。