米中貿易戦争が意識されて、株式市場が動揺

(写真:ロイター/アフロ)

 米商務省は1月11日に米通商拡大法232条に基づき中国などからの鉄鋼製品の輸入が米国の安全保障に与える影響をまとめた調査報告書をトランプ大統領に提出していた。トランプ大統領は90日以内に輸入制限発動などの制裁措置を判断するとしていた(毎日新聞の記事より引用)。

 そして3月1日にトランプ大統領は、中国の過剰生産によって安く輸入されている鉄鋼製品が米国の安全保障の脅威になっているとして、25%の高い関税を課す異例の輸入制限措置の発動を来週にも正式に決める意向を明らかにした。アルミニウムにも10%の関税を課すとしている。対象国は明らかにされていないものの、中国だけでなく欧州や日本、韓国、ベトナムなども対象になる可能性がある。

 これは通商拡大法232条に基づくものとなるが、これまで米国の歴代の政権は自由な貿易を損ないかねないとして発動には慎重な対応をとってきており、実際に発動されたのは、法律ができて50年余りで1980年前後に政治的に鋭く対立したリビアとイランからの原油だけとなっている(NHKニュースより引用)。

 3月1日の米国株式市場では、この日に実施されたパウエルFRB議長の米上院での証言で、米景気が過熱する見通しは否定して、緩やかな利上げを進めると強調したことで、タカ派的な色彩がやや薄れたとの認識から米長期金利は低下し、米株は買われていた。しかし、トランプ大統領の発言により、米中の貿易戦争への懸念を強め、結局、ダウ平均は420ドル安となった(日経新聞の記事より一部引用)

 2月に入ってからの米国株式市場は調整局面となり、5日のダウ平均は1175ドル安となって過去最大の下げ幅を記録した。米国株式市場はここまで調整らしい調整はなく、じりじりと上昇しながら高値を更新してきたが、その反動が出たとみられる。ただし、相場はいったん動きだすと荒れた展開が続くことが多い。ボラティリティが低い状態が長らく続いていたこともあって、その反動も起きたといえる。ここにきて少し落ち着きも見えてきたかと思われたところにトランプ大統領によって、火に油が注がれた状態となってきた。

 今回の米株の下落は一時的な調整とみてはいるが、ここであらためてトランプ政権に対するリスクが意識されると、トレンドそのものが変化してくる可能性もあるため、今後のトランプ政権の動向とそれを見据えた米株やドルの動向、さらには米長期金利の動向には細心の注意も必要となってきそうである。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    コロナウイルス特許の陰謀論について 栗原潔1/28(火) 3:24
  2. 2
    中国での新型肺炎の感染拡大への懸念から、金融市場ではリスク回避の動きを強め、株安円高、債券高となる 久保田博幸1/28(火) 10:04
  3. 3
    金融資産を持たない世帯、夫婦世帯は2割強・単身は4割近く(2020年公開版) 不破雷蔵1/26(日) 9:04
  4. 4
    本質を見極めるには、新聞を毎日読むのが効果的 中原圭介1/28(火) 6:00
  5. 5
    基本は現金とクレジットカード…二人以上世帯の代金支払い方法の移り変わりをさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/28(火) 9:03
  6. 6
    SARS緩和の読み方&『失敗の本質』再考etc=日銀『終戦リポート』への期待 窪園博俊1/27(月) 6:00
  7. 7
    「40年債入札は無難、債券先物は売られる」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年1月28日 久保田博幸1/28(火) 15:37
  8. 8
    老後の支えとなる生活費の工面方法、単身世帯と二人以上世帯それぞれの実情をさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/27(月) 11:35
  9. 9
    「新型肺炎の感染拡大でリスクオフの動き強める」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年1月27日 久保田博幸1/27(月) 15:38
  10. 10
    「新型肺炎によるリスクオフの動きが加速」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年1月28日 久保田博幸1/28(火) 11:02