11月19日のバーナンキFRB議長のワシントンでの講演内容がFRBのサイトにアップされた。このなかでバーナンキ議長は「金融政策がより正常な状態に戻るにはいくらか時間がかかりそうだ」と指摘し、イエレン副議長が14日の米上院公聴会で述べた内容に同意するとした。2013年内でのテーパリングの可能性は残すものの、あくまで経済状況次第という面もあり、これによりバーナンキ議長の就任中のテーパリング開始の可能性はいったん後退した。ただし、テーパリングに関し具体的な言及は避けており、経済状況を睨みながら2014年中に量的緩和を終了させるとの見方は継続していた。

 20日に発表された10月29~30日開催のFOMC議事要旨のなかで、多くのメンバーはここ数回の会合において、月額850億ドルで実施している債券購入の規模を縮小する可能性があるとの認識を示していたことが明らかになった。バーナンキ議長は任期中における出口への道筋をつけることをかなり意識していると思われる。

 それはさておき、19日のバーナンキ議長の講演では、金融政策をクルマの運転に例えている。経済実態に沿ってブレーキを踏んだりアクセルを踏んだりする。ただし、その操作は2つの理由で困難を伴うと指摘している。ひとつはすぐに効果が現れないという点である。四半期や数年かかることもあり、金融政策を決定するドライバーは目先のことにとらわれずに、先を見て運転をする必要がある。さらに金融政策の効果は、足下の金融政策よりも、先々の金融政策の行方を睨んだ市場の予想(期待)に依存する。つまり、金融政策の決定は目先に拘らずに、先を見て行動する必要があり、さらに市場は今後の金融政策の行方を睨んで動くことで、その見通しに対してどのように示唆を行うのかも重要となる。

 FRBは軸足を非伝統的手段からフォワードルッキングに移行させようとしているが、そのフォワードルッキング政策にも難しさがある。足下ではなく先を見て金融政策を行いたくても、市場では足下景気の動向をみて、金融政策への期待を強めることがある。期待感で市場が先に動いてしまった場合に、中央銀行が期待に応えないと市場にダメージを与えることもある。市場に先々の金融政策について織り込もうとして、たとえばテーパリング開始を示唆すると、市場は先に過剰反応してしまうことがあり、これでむしろ金融政策をやりづらくさせることもある。市場とのコミュニケーションの難しさについても、バーナンキ議長の講演では指摘している。だからこそ、今回FRBは事前のイエレン氏などの発言で慎重さをにじませることでバランスを取りに来た。

 金融政策とはそもそもエンジンそのものではない。あくまでブレーキやアクセルの役目である。現実としてはそれよりもショックアブソーバーであったり、エアバッグの役割と言った方が適切ではなかろうか。あくまで景気や物価の過熱や冷え込みを抑えるというのが本来の役割であろうし、そもそも金融政策で物価や雇用を直接動かすことは現実的には無理がある。FRBはデュアルマンデードとして物価と雇用の安定を計ることを目的としているが、金利をどの程度下げれば、失業率が何%低下するとか、国債を何兆円買えば物価が何%上がるとかの方程式があるわけではない。日銀の異次元緩和も国債を買えばいろいろな経路、特に期待に期待して物価は上がるとかのひとつの見方を実験しているが、目標が達成できるという保証があるわけではない。このあたりに金融政策の限界というか難しさがあると思われる。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    GoToEatで「無限くら寿司」を実践。人数×1,000ポイント貰えるため次回食事から実質ほぼ無料に篠原修司10/27(火) 13:09
  2. 2
    麻生財務大臣の特別定額給付金批判が時期尚早だと思う理由島澤諭10/29(木) 16:00
  3. 3
    コロナショックで金利支援。0%で借りられる保険会社等の契約者貸付【10月30日現在】豊田眞弓10/30(金) 13:30
  4. 4
    欧米で新型コロナウイルスの感染が再拡大、金融市場ではこれがあらためてリスク要因に久保田博幸10/30(金) 10:14
  5. 5
    任命拒否への批判合戦は政府の狙い通り? 日本学術会議の広報には残念さが目立つ場面も石川慶子10/26(月) 18:00
  6. 6
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓7/25(土) 16:00
  7. 7
    Q. UUUM所属YouTuberあたりの年間粗利益は?シバタナオキ10/29(木) 6:00
  8. 8
    4月に拡充した高校無償化【高等学校等就学支援金制度】。7月にも重要な変更があったのをご存じですか?豊田眞弓10/5(月) 12:30
  9. 9
    コロナ禍で新幹線が格安に! 「のぞみ」は前例なき半額、起爆剤となるか小林拓矢8/18(火) 6:30
  10. 10
    NHK受信料が2020年10月から値下げへ。いくら下がるの?(コロナ禍対応も整理しました)豊田眞弓8/25(火) 10:00