スマホの100%充電はNG?!

(写真:アフロ)

結論から言うと、スマホを充電したままにしておくと、充電池(内蔵バッテリー)の寿命は短くなります。

充電池劣化の原因

スマホに使用されている充電式のバッテリーは、その殆どが「リチウムイオン」タイプです。

リチウムイオンバッテリーが劣化する主な要因は「サイクル劣化」と「保存劣化」の2つ。

サイクル劣化とは、使用(放電)と充電の繰り返し(サイクル)によるもので、スペック欄には「充電可能回数」として、300回~500回程度と記載されているケースが多いようです。なお、「300回~500回」のカウント方法は、0%→100%の充電で1回。50%→100%の充電を行った場合は、1回でなく0.5回とカウントします。リチウムイオンは50%→100%のような継ぎ足し充電をしても、寿命や性能に影響はないとされています。

因みに、「300回~500回」の充放電を繰り返した後、電池が完全にダメになる訳ではありません。新品に比べて充電できる容量が80%t程度以下に減少(劣化)し、この状態を寿命と呼んでいます。

もう1つの「保存劣化」は、放電や充電とは別に生じる経時劣化とも言える現象。充電が満杯に近い状態で、劣化が早く進みます。そう、スマホを100%充電した状態にしておくと寿命が縮まる・・・の原因です。

なお、100%充電状態でコンセントに接続したままなど充電を継続すると、軽微な放電とそれを補う充電を細かく繰り返す「トリクル充電」が起こり、これが寿命に悪影響を与えるという説がありますが、「トリクル充電」はサイクル充電の一部と考えられます。気を付けるべきは100%に近い状態での「保存劣化」なのです。

おすすめは「50%~80%」充電

自宅やオフィスでは、充電器に接続したまま、スマホの電池残量が常に100%の方も多いのではないでしょうか?

100%の状態が長時間継続するのは、先述の「保存劣化」の観点から好ましくありません。100%に達したら充電を止める、可能であれば、50%~80%程度の間で維持するのが、充電池の寿命を延ばす上で理想的です。

外出を考えると、50%充電は少々心もとないですので、自宅やオフィスでは充電が80%になったらコンセントから抜く・・・が現実的でしょう。

因みにノートパソコンの世界ではこうした管理は常識。筆者のノートパソコンも、設定で充電が80%にたっすると、自動で充電が停止するようにしています。また、電気自動車は大容量で高価な充電池を搭載しているため、表示は充電100%でも、内部では80%程度の充電に留めているそうです。バッテリーも「腹八分目」・・・ですね。

電池消耗の激しいアプリどうする?!

「50%~80%」充電をおすすめしましたが、これはあくまでも携帯電話として使う場合の話。もし動画視聴やゲーム、そのほか電池消耗が激しいアプリを使用する場合は、話が別です。

消費電力が大きいアプリを長時間使用すると、大放電&充電を繰り返すことになります。つまり、リチウムイオン電池の寿命に最も影響の大きい「サイクル充電」の観点で好ましくありません。こうした場合は、100%充電に達した状態でコンセントに接続するなど給電を継続しつつスマホを使用するのが良いでしょう。電力がバッテリーを迂回して内部の主要回路に供給され、サイクル充電による劣化を回避することができます。

なお、充電が100%に達していない場合は、充電と主要回路への電源供給が同時に起こり、発熱を生じます。熱はバッテリーの「保存劣化」をさらに進めるため、一般的にこうした使い方は推奨されません。

さいごに

バッテリの劣化を気にしすぎて、スマホを活用しないでいては本末転倒です。劣化で充電容量が低下した場合、バッテリーの交換もできますし、また、モバイルバッテリーを持ち歩く・・・という選択肢もあるので、外出が多く充電状態をコントロールできない方は、あまり神経質にならないよう・・・

一方、オフィスで内勤・・・という方の場合は、スマホを使う時間も少ないでしょうから「50%~80%」の実践を!内蔵バッテリーが長持ちすれば、余計な出費を抑えられて経済的です。