今秋発売のiPhone 7は「Pro」モデルも登場か

米アップルが今年の秋に発売すると噂されている「iPhone」の次期モデルについては、これまでにも様々な観測が流れていたが、そのモックアップとされる最新の写真と動画がネットで公開され、話題となっている。

デュアルレンズ搭載か

テッククランチシーネットなどの米メディアによると、iPhoneの次期モデルには、画面サイズが4.7インチの「iPhone 7」と、5.5インチの「iPhone 7 Plus」、そして同じく5.5インチの「iPhone 7 Pro」があるのだという。

掲載された「iPhone 7」シリーズのモックアップとされる写真
掲載された「iPhone 7」シリーズのモックアップとされる写真

このうちiPhone 7 Proは背面のカメラに、デュアルレンズを採用しているという。その用途については不明だが、テッククランチの記事は、一眼レフカメラで絞りを開放にして、背景のぼかしを美しくするといったような効果が期待できると伝えている。

またこのデュアルレンズカメラの可能性としては、米ライトロ(Lytro)のカメラのように、撮影後にピントの合う範囲を変更するといったことも考えられるという。

このほか、iPhone 7 Proには、「iPad Pro」に採用されている「Smart Connector」と呼ばれるコネクターが備わる見通しという。

iPad Proの場合はこれを介してキーボードと接続し、キーボードに電源も供給するが、iPhone 7 Proの場合はバッテリー搭載のケースと接続するのではないかとテッククランチは予測している。

今回リークされた画像の信憑性については、今のところ何とも言えない状況だ。だがアップルの新製品やその発売時期を当ててきたことで知られる台湾KGI証券の著名アナリスト、ミン・チー・クオ氏も、今年1月にデュアルレンズについて予想していた。

詳細情報はこれまでの報道と一致

一方でテッククランチやシーネットの記事はこのほかの情報源の話として、iPhone 7と同7 Plusの本体デザインは、現行のiPhone 6s/同6s Plusと3つの点で異なると伝えている。

1つは現在、背面上下部分にあるアンテナ用の樹脂が、本体の端部分に移動し、よりスッキリとしたデザインになること。

2つ目は、背面カメラのレンズ口径が従来モデルに比べ大きく、突起部も大きくなる。その狙いについては不明だが、これにより暗所撮影時の画質向上が図られる可能性があるという。

そして3つ目は、本体底部にあるヘッドホンジャックが取り除かれる点。現在のヘッドホンジャック部分には、もう1つのスピーカーが配置される。これにより次期iPhoneのスピーカーはステレオになるという。

シーネットの記事は、これらの情報はその発信元が特定されておらず、うのみにはできないが、その詳細はこれまでに報じられてきた内容と一致する部分もあると伝えている。

再びマイナーチェンジか

ただ、いずれにしても言えることは、これまでに出ていた観測どおり、次期iPhoneの本体デザインには大幅な刷新がなく、マイナーチェンジにとどまる見通しという点だ。

今年のiPhoneは異例のマイナーチェンジ、とは一体どういうことなのか?(小久保重信) -Yahoo!ニュース個人

そして、これらの情報が正しければ、iPhoneの年間販売台数は2年連続で前年割れになると懸念されている。

米国の市場調査会社IDCは先頃、今年のiPhoneの年間出荷台数が前年比2.0%減の2億2680万台となり、初めて前年実績を下回るとする予測を公表した。

昨年秋に発売したiPhone 6sシリーズは前モデルからのマイナーチェンジであったため、大きな反響を巻き起こすまでには至らなかったいうのがその理由だ。

もし今秋市場投入するiPhone 7が再びマイナーチェンジにとどまれば、アップルは買替え需要を喚起できず、販売台数の前年割れはさらに1年続くだろうと、指摘されている。

JBpress:2016年7月20日号に掲載/原題「今秋発売のiPhone 7は「Pro」モデルも登場か、ただし本体デザインの大幅変更はないとの観測」)