正式な配信作品も充実し、今や日本と時差なく最新アニメを楽しむ世界のアニメファン達。

SNSやYouTube等をみても、日本語の最新情報に世界中から多言語でリアクションが集まっている様子がよくわかります。

そんな世界中のアニメファンが、昨年特に注目した作品達を知ることができるイベント「クランチロール・アニメアワード」が、今年も開催されました。

クランチロールは、全世界200以上の国や地域でアニメやマンガを提供する世界最大級の配信プラットフォーム。

登録者数も1億2千万人を超え、世界中のアニメファンが数多く利用する本サービスが毎年開催するこの「クランチロール・アニメアワード」は、日本だけでなく、世界各地のアニメファンが注目する作品が分かるということで、近年日本国内でも注目度が高まっています。

今年はその年の顔ともいえる“アニメ・オブ・ザ・イヤー”をはじめ、20以上もの各部門でノミネート作品が発表され、現在受賞作品選出に向けてのファン投票が開催されています。昨年発表されたアニメの中から、一体どんな作品達がノミネートされているのでしょうか。個人的な注目ポイントと共にご紹介します。

■各部門ノミネート作品紹介

  • 以下敬称略/英語表記アルファベット順

■アニメ・オブ・ザ・イヤー(ANIME OF THE YEAR)

  • 86―エイティシックス―
  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1
  • 呪術廻戦(第2クール)
  • オッドタクシー
  • 王様ランキング
  • Sonny Boy -サニーボーイ-

注目ポイント:こちらのカテゴリーには、なんと昨年アニメ・オブ・ザ・イヤーとなった「呪術廻戦」が、2021年3月まで放送された2クール目を対象に再びノミネート。今年選出されたら2年連続の快挙となるだけに、注目が集まります。

■ベスト・ボーイ(BEST BOY)

  • Dr.STONE 第2期 石神千空
  • ホリミヤ 宮村伊澄
  • オッドタクシー 小戸川
  • 王様ランキング ボッジ
  • 東京リベンジャーズ 龍宮寺堅(ドラケン)
  • 東京リベンジャーズ 佐野万次郎(マイキー)

注目ポイント:こちらのカテゴリーでは、日本でも話題の「東京リベンジャーズ」から二人もノミネート。世界でのキャラクター人気の高さも窺えます。

■ベスト・ガール(BEST GIRL)

  • 86―エイティシックス― ヴラディレーナ・ミリーゼ
  • フルーツバスケット The Final 本田透
  • 呪術廻戦(第2クール) 釘崎野薔薇
  • かげきしょうじょ!! 渡辺さらさ
  • 古見さんは、コミュ症です。 古見硝子
  • ワンダーエッグ・プライオリティ 大戸アイ

注目ポイント:主人公が多くノミネートされる中、「呪術廻戦」からは釘崎野薔薇が今回初ノミネート。17話をはじめ、2クール目での印象的な活躍は、世界でも注目を集めていたことが窺えます。

■ベスト・主人公(BEST PROTAGONIST)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 エレン・イェーガー
  • 呪術廻戦(第2クール) 虎杖悠仁
  • NOMAD メガロボクス2 ジョー/ノマド
  • オッドタクシー 小戸川
  • 王様ランキング ボッジ
  • ワンダーエッグ・プライオリティ 大戸アイ

注目ポイント: 各作品、ノミネートにふさわしい主人公がそろいましたが、主人公としての活躍の方向性は見事にバラバラ。一体どのキャラクターが選ばれるのか注目のカテゴリーです。

■ベスト・敵役/敵対者(BEST ANTAGONIST)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 エレン・イェーガー
  • 僕のヒーローアカデミア 第5期 死柄木弔
  • オッドタクシー ヤノ
  • Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season 後半クール エキドナ
  • SK∞エスケーエイト 神道愛之介(愛抱夢)
  • 東京リベンジャーズ 稀咲鉄太

注目ポイント:どの作品でも主人公級に印象的だった敵対キャラが揃う中、なんと「進撃の巨人」からはエレン・イェーガーがこちらでも異例のノミネート。ストーリー的にはそうともいえる選出ではありますが、結果がどうなるのかとても気になるところです。

■ベスト・ファイト・シーン(BEST FIGHT SCENE)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 エレン・イェーガー 対 戦鎚の巨人
  • BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS うずまきナルト 対 大筒木イッシキ
  • 呪術廻戦(第2クール) 虎杖悠仁・東堂葵 対 花御
  • 呪術廻戦(第2クール) 虎杖悠仁・釘崎野薔薇 対 壊相・血塗
  • 小林さんちのメイドラゴンS エルマ 対 トール
  • Vivy -Fluorite Eye's Song- ヴィヴィ 対 垣谷ユウゴ

注目ポイント:アニメアワードならではの、“〇〇対●●”というピンポイントなシーンがノミネートされる注目のカテゴリー。音楽アニメかと思いきや実はアクションもすごかった「Vivy」がラインナップされているのも嬉しいところ。

■ベスト・ディレクター(BEST DIRECTOR)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 林祐一郎
  • 呪術廻戦(第2クール) 朴性厚
  • NOMAD メガロボクス2 森山洋
  • オッドタクシー 木下麦
  • Sonny Boy -サニーボーイ- 夏目真悟
  • ワンダーエッグ・プライオリティ 若林信

注目ポイント:クリエイターへの関心も高い世界のアニメファンが参加するアワードならではのカテゴリー。昨年選出された湯浅政明監督に続き、今年はどなたが選ばれるのか、注目が集まります。

■ベスト・アニメーション(BEST ANIMATION)

  • 鬼滅の刃 無限列車編
  • 呪術廻戦(第2クール)
  • 小林さんちのメイドラゴンS
  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
  • Vivy -Fluorite Eye's Song-
  • ワンダーエッグ・プライオリティ

注目ポイント:年々その美しさが増すアニメーションのベストが選ばれるこちらのカテゴリー。眺めるだけでも投票先が悩ましい作品が出そろい、世界のアニメファンの映像面への注目度の高さも改めて窺えます。

■ベスト・キャラクター・デザイン(BEST CHARACTER DESIGN)

  • 呪術廻戦(第2クール) 平松禎史
  • オッドタクシー 木下麦、中山裕美
  • 王様ランキング 野崎あつこ
  • SK∞エスケーエイト 千葉道徳
  • Vivy -Fluorite Eye's Song- loundraw(FLAT STUDIO)、高橋裕一
  • ワンダーエッグ・プライオリティ 高橋沙妃

注目ポイント:オリジナルアニメでキャラクター原案にあたられた方から、原作漫画などからアニメで“動かす”ためのキャラクター・デザインをされた方までがノミネートされるこちらのカテゴリー。似ているようで全く違うクリエイティビティのどこに注目が集まり、どの作品が選出されるのかには注目です。

■ベスト・スコア(BEST SCORE)

  • 86―エイティシックス― 澤野弘之、KOHTA YAMAMOTO
  • 鬼滅の刃 無限列車編 梶浦由記、椎名豪
  • NOMAD メガロボクス2 mabanua
  • オッドタクシー PUNPEE×VaVa×OMSB
  • Vivy -Fluorite Eye's Song- 神前暁
  • ワンダーエッグ・プライオリティ DE DE MOUSE、ミト

注目ポイント:作品を彩る重要な要素として欠かせない音楽。既にアニメファンの間では有名なクリエイターの方々から、本作がアニメ初劇伴であった方まで出揃ったラインナップからは、世界のアニメファンによる拘りも窺えます。

■ベスト・ボイスアクション・パフォーマンス:日本語(BEST VA PERFORMANCE JP)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 ガビ・ブラウン 役 佐倉綾音
  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 エレン・イェーガー 役 梶裕貴 
  • ルパン三世 PART6 次元大介 役 小林清志
  • オッドタクシー 小戸川 役 花江夏樹
  • 蜘蛛ですが、なにか? 蜘蛛子 役 悠木碧
  • ワンダーエッグ・プライオリティ 大戸アイ 役 相川奏多

注目ポイント:こちらのカテゴリーには今シリーズで次元大介役をご勇退された小林清志氏がノミネート。字幕でアニメを楽しむアニメファンが多い中で、世界でも親しまれていた声であることが改めて窺えます。

  • ※その他、ベスト・ボイスアクション・パフォーマンスは英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語(スペイン向け、南米向け)、ロシア語の各吹き替え版キャストのノミネートも行われています

■ベスト・オープニング・シークエンス(BEST OPENING SEQUENCE)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 「僕の戦争」神聖かまってちゃん
  • BEASTARS ビースターズ(2期) 「怪物」YOASOBI
  • 呪術廻戦(第2クール) 「VIVID VICE」Who-ya Extended
  • 小林さんちのメイドラゴンS 「愛のシュプリーム!」fhana
  • オッドタクシー 「ODDTAXI」スカートとPUNPEE
  • 東京リベンジャーズ 「Cry Baby」Official髭男dism

注目ポイント:主題歌はもちろん、オープニング映像も印象的であった作品が出揃ったこちらのカテゴリー。「BEASTARS」と「呪術廻戦」は昨年に続いてのノミネートです。

■ベスト・エンディング・シークエンス(BEST ENDING SEQUENCE)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1 「衝撃」安藤裕子
  • BEASTARS ビースターズ 第2期 「優しい彗星」YOASOBI
  • 鬼滅の刃 無限列車編 「白銀」LiSA
  • シャドーハウス 「ないない」ReoNa
  • SK∞エスケーエイト 「インフィニティ」優里
  • 蜘蛛ですが、なにか? 「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」「私」(CV:悠木碧)

注目ポイント:「鬼滅の刃 無限列車編」からはテレビ放送時の新規エンディングがノミネート。「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」は、印象的な映像はもちろん、主題歌と歌唱のインパクトが世界のアニメファンの間でも相当強かったのであろうことが窺えます。

■ベスト・アクション(BEST ACTION)

  • 進撃の巨人 The Final Season Part 1
  • 鬼滅の刃 無限列車編
  • 呪術廻戦(第2クール)
  • SSSS.DYNAZENON
  • Vivy -Fluorite Eye's Song-
  • ワンダーエッグ・プライオリティ

注目ポイント:ピンポイントなファイトシーンと違い、作品全体のアクションで選出されるこちらのカテゴリー。人(もしくは人型)によるアクション作品が多いなか「SSSS.DYNAZENON」のメカアクションがどう票を集めていくのかにも注目です。

■ベスト・コメディ(BEST COMEDY)

  • イジらないで、長瀞さん
  • 天地創造デザイン部
  • 古見さんは、コミュ症です。
  • うらみちお兄さん
  • 小林さんちのメイドラゴンS
  • オッドタクシー

注目ポイント:ここで初めて登場する作品も多いこちらのカテゴリー。ギャグ・コメディ・笑いのツボが微妙に異なることがある各国各地域で、どのような作品が人気を集めているのか、結果に注目です。

■ベスト・ドラマ(BEST DRAMA)

  • 86―エイティシックス―
  • フルーツバスケット The Final
  • かげきしょうじょ!!
  • オッドタクシー
  • 不滅のあなたへ
  • ワンダーエッグ・プライオリティ

注目ポイント:それぞれベクトルは違うものの、心温まるものや熱いものからドロドロとしたものまで、様々なドラマが繰り広げられる作品が並ぶカテゴリー。個人的に、歌劇団の音楽学校での人間ドラマを描いた「かげきしょうじょ!!」が、海外でどう楽しまれていたのか気になります。

■ベスト・ロマンス(BRST ROMANCE)

  • BEASTARS ビースターズ 第2期
  • フルーツバスケット The Final
  • イジらないで、長瀞さん
  • ホリミヤ
  • 古見さんは、コミュ症です。
  • 死神坊ちゃんと黒メイド

注目ポイント:昨年の「ベストカップル」カテゴリーに代わり登場したこちらのカテゴリー。特定のカップルでなく、複数の人間関係を含む作品全体に向けて投票されるので、今年はどういった結果になるのか、気になるカテゴリーです。

■ベスト・ファンタジー(BEST FANTASY)

  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~(第1クール)
  • 王様ランキング
  • 転生したらスライムだった件(第2期)
  • ヴァニタスの手記
  • 不滅のあなたへ
  • ワンダーエッグ・プライオリティ

注目ポイント:日本国外での話題を目にすることも多い「転生したらスライムだった件」がここで初登場。現在2期も放送中の「ヴァニタスの手記」もノミネートされており、同じく世界的な人気の高さが窺えます。

■ベスト・フィルム(BEST FILM)

  • 竜とそばかすの姫
  • シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
  • 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編
  • ジョゼと虎と魚たち
  • 劇場版 SHIROBAKO
  • サイダーのように言葉が湧き上がる

注目ポイント:昨年は無かったこちらのカテゴリー。世界的にも話題となった劇場版「鬼滅の刃」無限列車編や「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」等がノミネートされています。アメリカで正規公開されている作品が対象となっていますので、日本の映画賞などとはまた違った顔ぶれとなっているのも印象的。

ー以上が今年のノミネートとなっています。

日本でも、昨年末にYahoo!検索大賞や#Twitterトレンド大賞などが発表され、「東京リベンジャーズ」や「ウマ娘」、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」や「PUIPUI モルカー」といった昨年の話題作が数多く選出されていましたが、それらともまた違った幅広いタイトルが出揃う形となっています。

筆者も昨年同様、審査員の一人として参加させていただきながらも、日本でのリアクションとの違いや共通点を楽しませていただきました。

中でも個人的に注目なのは、日本でも特に放送終了あたりから根強い人気を生んでいた「オッドタクシー」。なんと10以上ものカテゴリーにノミネートされており、世界的な人気の高さも窺える作品です。

果たしてこれらの作品の中から各カテゴリーに選出されるのはどのタイトルとなるのか。

「クランチロール・アニメアワード」は、現在世界のアニメファンからの投票を受付中です。

日本からも、1月26日10時(日本時間)まで1日1回投票が可能で、結果は来月2月9日(PST)に発表されます。

一緒に投票に参加しつつ、その結果を見届けてみてください。