8本塁打はア・リーグ2位タイ、6盗塁は3位タイ。「30-30」が現実味を帯びてきた大谷翔平

アメリカン・リーグ3位タイの6盗塁を記録しているエンゼルスの大谷翔平(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が、5月2日(日本時間3日)に行われたシアトル・マリナーズ戦で、メジャーでは4年目で自身初となる1試合2盗塁を記録。今季の盗塁数をアメリカン・リーグ3位タイとなる6個とした。

 大谷はここまで26試合全てに出場して、打率.263、8本塁打(リーグ3位タイ)、20打点、6盗塁(リーグ3位タイ)を記録。このペースを保つことができれば、162試合で50本塁打、125打点、37盗塁というとてつもない記録を残すことになる。

 長丁場のメジャーリーグのシーズンで、二刀流として活躍する大谷が全試合にプレーすることはまずなく、シーズンが進むにつれて適度な休みを挟んでいくことだろう。

 メジャーの歴史の中で4度しか達成されていないシーズン40本塁打、40盗塁の「40-40」を大谷がクリアするのは難しそうだが、30本塁打、30盗塁には手が届くかもしれない。

 「30-30」もエリートの証であり、これまでに41選手しか達成していない。

 大谷のチームメイトであるマイク・トラウトは、新人だった2012年に30本塁打、49盗塁(盗塁王)で30-30クラブの仲間入りを果たした。

 大谷はシーズン最多本塁打は新人だった2018年に放った22本塁打、シーズン最多盗塁は19年の12盗塁だが、今季は大幅な自己記録の更新が期待できる。ちなみに日本球界での自己最多は2016年の22本塁打、7盗塁。

 大谷が30-30を達成すれば、メジャーでは日本人初の快挙。日本人メジャーリーガーは20-20の達成者もおらず、2005年にイチロー(シアトル・マリナーズ、15本塁打、33盗塁)と井口資仁(シカゴ・ホワイトソックス、15本塁打、15盗塁)が達成した15-15が最高。

 今季好調な大谷は、オールスター戦までに15-15を達成するかもしれない。