フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦のスケートアメリカが終わり、今週は第2戦のスケートカナダが行われる。

スケートカナダが開始する前に、先週のスケートアメリカの模様をもう一度、写真で振り返ってみたい。

まずは10月21日(日本時間22日)に行われた女子ショートプログラムの様子から。ケガに悩まされている浅田真央は64.47点で11人中5位だった。グランプリシリーズ初出場の三原舞依は自己最高となる65.75点で2位、村上佳菜子は47.87点の10位と出遅れた。

トップは69.50点のアシュリー・ワグナー(アメリカ)。2位の三原から5位の浅田まで1.28点差内に4選手が競い合う大混戦だった。

スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する浅田真央(三尾圭撮影)
SPで自己最高点を出し、手で口元をおさえながら驚く三原舞依(右)(三尾圭撮影)
SPで自己最高点を出し、手で口元をおさえながら驚く三原舞依(右)(三尾圭撮影)
SPで自己最高点となる会心の演技を披露して笑顔をみせる三原舞依(三尾圭撮影)
SPで自己最高点となる会心の演技を披露して笑顔をみせる三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで2位に入った三原舞依(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)
スケートアメリカの女子SPで演技を披露する村上佳菜子(三尾圭撮影)