【動画で見る】スバリストの”聖地”、STIギャラリーがリニューアル

筆者撮影

知る人ぞ知る”聖地”をリニューアル

 SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(以下STI)は、東京都三鷹市にある本社のSTIギャラリーをリニューアルし、2019年1月6日(日)にオープンする。

 2009年にオープンしたSTIギャラリーは、以前からスバリスト(=スバル・ファンをこう呼ぶ)の間では”聖地”とされてきたが、積極的には公開されていなかった。しかしながらWRC(世界ラリー選手権)をはじめとするSUBARUのモータースポーツ参戦車両やWRC優勝トロフィーなどをこれまでも展示はしていた「知る人ぞ知る」スポットであった。

 しかしSTIが改めてこの場所の積極的な活用することや、ファンとのコミュニケーションを図る場とすることを決定し今回のリニューアルとなった。今回のリニューアルではまず、これまで未公開だった所蔵品の展示を行なうようになった。実際に頭上には、これまでのSTIの歴史の中で獲得してきた、様々なモータースポーツにおけるトロフィーや盾が展示されている。

 またギャラリー内に掲示する年表は最新化され、その年を代表するプロダクトやモータースポーツ車両のミニチュアカーがズラリと並ぶ形式となった。ここには多数のミニチュアカーがおかれるが、全てをSTI側で所有をしているわけではないため、実際に市販が確認されていて手元にないものは白塗りのミニチュアカーがおかれ、そこに「Looking for」という文字が入れられている。これは現在もSTIが探しているミニチュアカーであり、すでにSTI自らが告知を出している他、今後はファンの方や所有者から譲ってもらうシステムも検討中だという。

 さらにギャラリー内は歴史を振り返るだけでなく、最新のSTIパーツやグッズなども展示される。そして数々の歴史的モータースポーツ車両の展示のほかに、STIの最新のプロダクトも展示されることとなる。なお、モータースポーツ車両およびSTI製コンプリートモデルなどの展示車両については定期的な入れ替えを予定している。

「ここでしかできない体験」を

 そして今回は単なるギャラリーとしたのではなく、実際にここを訪れた方が「ここでしかできない体験」を味わえる場と定義したこと。実際に、頭上に飾られる他に用意されるスペースに所蔵されているトロフィーに関しては、スタッフにひと声かければ、このトフロフィーを実際にもって記念撮影が可能だという。またこの他にも施設内の柱は白く塗られ、ここを訪れたファン自身が寄せ書きをできるようにもした。さらに今後は「半年に一度程度、イベントを企画するなどして、ファンの方とのコミュニケーションを図っていく予定」としている。

 スバルテクニカインターナショナル株式会社代表取締役社長の平川良夫氏は冒頭の挨拶で、『「ここでしかできない体験の場」として、そして「ユーザーの皆さんとこれから作り上げていく場」という、2つを大きな目標にかかげてリニューアルしました』と語った。

 こうして今後は名実ともに”聖地”として、より多くのスバリストが訪れる場として認知していってもらいたい考えのようだ。これまでの自動車関連ビジネスはあくまで製品やサービスを「売る」という、どちらかといえばユーザーとの一方通行的な関係に注力してきた感がある。だが、こうしたファン作りやコミュニティを設けて「つながる」という、ユーザーとメーカーの双方向の関係作りを強化することは、自動車に対するユーザーの価値観が変化するかもしれない今後を考えると、大切なヒントを得る機会だともいえる。

・STIギャラリー 東京都三鷹市大沢3-9-6(東京スバル三鷹店2階)

・STIギャラリーwebサイト https://www.sti.jp/company/gallery.html