清真学園、7回コールドも水戸商を苦しめる――100回記念大会・茨城

水戸市民球場(著者撮影)

清真学園を讃えたい

 まずは清真学園の健闘を讃えたい。

 結果は17対3(7回コールド)だが、途中までは競っていた。5回を終えた時点では2対4。正直に言えば、意外な展開だった。初回、3本のヒットと2つの盗塁で早々に2点を失ったときには予想できなかった。

 しかし、生井沢投手は120キロ台の速球と80キロ台のスローボールを丁寧に投げ続け、少なくとも5回までは水戸商打線を惑わせ続けた。打っても初回、左中間に糸を引く2点タイムリーを放った。

 3番の有川もパワーがあった。6回、川澄投手のスピードボールをレフトオーバーに打ち返したバッティングは見事だった。その有川をホームに迎え入れた和田の三遊間への一打。チームの意地を感じさせた。

 苦しんでいたのは水戸商の方だったのではないか。部員数15人。それでもAシードを苦しめるだけの技術と工夫と集中力が清真学園にはあった。

古豪復活へ

 それでも水戸商業、そんな健闘をねじ伏せる力があった。6回2アウトから4点をもぎとってしまった打力はさすがだった。

 ツーランホームランを放った4番・小林俊。生井沢投手の高めに浮いた失投を見逃さなかった。それをライトスタンドまで運べるのはやはり別格。超高校級だった。

 この試合ではこの本塁打を含む4安打。サイズはあるわけではないが、強いインパクトから強い打球を放てる。スピードにも自信があるのだろう。盗塁も再三試みた(内野安打では一塁にヘッドスライディングもみせた)。走攻守にわたって魅力的なプレーぶりだった。

 7回、四球を足がかりにして大爆発。一挙9点を奪い、コールド勝ちに持っていけるあたりはやっぱり格の違いというしかない。それでも戦いぶりはどこか大味で、おかげで試合途中まで接戦を強いられることになった。

 タレントは豊富だ。投手陣も大津、川澄、坂本とこの日繰り出した3人はいずれも伸びのある球質。特に川澄は前評判通り、威力あるボールを投げ込み、スコアボードに140キロ台半ばも掲示。スタンドを沸かせた。

 実力は疑いようもない。あとはそんな魅力的な個性を勝利にどう結びつけていくか。

 春4強。甲子園を視界にとらえて戦う100回目の夏である。

 82回大会以来遠ざかっている茨城の頂点へ。本当の戦いはこれからだ。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    ATPツアーファイナルズ:錦織が初戦でフェデラーに勝利 その背後にあるのは勝負に徹する戦略だった!? 内田暁11/13(火) 6:55
  2. 2
    【12球団トライアウト】前ホークス城所龍磨は2安打1盗塁「まだ野球をやりたい」 田尻耕太郎11/13(火) 15:04
  3. 3
    常に愛情を持った「サッカー少年」 偉大なるGKの歩みと変化 杉山孝11/13(火) 20:14
  4. 4
    錦織圭が、男子ワールドテニスツアー最終戦ATPファイナルズで、フェデラーから初勝利を挙げた本当の価値 神仁司11/13(火) 6:00
  5. 5
    「自分なりに真摯に投票した」 新人王でたった1人だけ大谷翔平に投票しなかった記者から届いた説明 菊地慶剛11/13(火) 12:10
  6. 6
    最後まで目が生きていた!ベルトへの執念を感じさせた亀田和毅が2階級制覇 木村悠11/13(火) 11:35
  7. 7
    後輩である藤田菜七子とフランス遠征に刺激を受け、約7カ月の海外修行から帰国したジョッキーのこれから 平松さとし11/13(火) 6:30
  8. 8
    新人王大谷翔平、波乱万丈も全てが意義ある初年度だった 豊浦彰太郎11/13(火) 19:00
  9. 9
    「オマエら、すごいよ!」三菱重工名古屋が、社会人野球秋の日本一に 楊順行11/13(火) 7:09
  10. 10
    日米野球で日本人メジャーリーガーが登板するのは、前田健太が8人目。かつての本拠地で投げるのは 宇根夏樹11/13(火) 16:44