1994年、Jリーグに昇格したベルマーレの初陣は満員の国立競技場だった。相手は王者・ヴェルディ川崎。初めての大舞台で若き選手たちはタレント軍団に完敗を喫する。