日本サッカーとテレビ(4)

日本リーグ時代は「視力検査」と揶揄されるほどの低視聴率にあえいでいたサッカー。しかし1980年代に入ってプロ化の胎動が始まる。新時代の足音が響き始め、1993年ついに――

この記事は有料です。
誰がパスをつなぐのかのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

誰がパスをつなぐのかのバックナンバー2014年3月サンプル記事

川端康生

価格

330(記事1本)

2014年3月号の有料記事一覧
  • 日本サッカーとテレビ(4)

すべて見る

日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    161センチのJリーグMVP 仲川輝人は横浜FMでなぜ輝くのか? 大島和人12/8(日) 19:57
  2. 2
    J1最終節で一発レッドの衝撃――無名の朝鮮学校サッカー部からマリノスでJ1制覇したGK朴一圭の素顔 金明昱12/8(日) 11:36
  3. 3
    選手会提案の「現役ドラフト」 韓国では8年前から実施。その成果は? 室井昌也12/8(日) 11:57
  4. 4
    2010年代の奪三振王。最多奪三振はメッセンジャー、最多タイトルは則本 宇根夏樹12/8(日) 0:01
  5. 5
    「体重オーバーされた側の救済措置も考えて欲しい」3年前に直前キャンセルを経験した元世界王者・岩佐亮佑 杉浦大介12/7(土) 9:03
  6. 6
    女子アメフト界のレジェンド、ベティ鈴木が米女子アメフトの殿堂入り! 三尾圭12/8(日) 11:48
  7. 7
    村田諒太よりも前に、WBCミドル級王者が明日、防衛戦 林壮一12/7(土) 0:01
  8. 8
    J1優勝の立役者・仲川輝人が語った真実。”横浜F・マリノスのスタイル”をやり抜くために大事なこと 河治良幸12/8(日) 12:13
  9. 9
    前ヤクルト村中恭兵、「投げられる喜びを感じながら」豪州リーグデビュー 菊田康彦12/7(土) 21:00
  10. 10
    最も栄光から遠ざかっている球団。パ・リーグはオリックスで決まりだが、セ・リーグは… 宇根夏樹12/6(金) 9:26