3月になって雨の頻度が増えています。湿った空気が冬よりも入りやすい季節です。12日金曜日から13日土曜日は大雨になるところも出てきそうです。

今年初めて大雨になるところも

金曜日午前9時の天気図(提供:ウェザーマップ)
金曜日午前9時の天気図(提供:ウェザーマップ)

金曜日朝の予想天気図です。西から低気圧が近づいてくるでしょう。この低気圧は上空に寒気を持っている一方、下層では低気圧に向かう暖かい空気の流れ込みが強く、低気圧周辺は大気の状態が不安定です。雨雲が発達しやすいでしょう。

時系列予報(提供:ウェザーマップ)
時系列予報(提供:ウェザーマップ)

3時間ごとの雨の降り方を見てみると、金曜日の昼前には広く雨が降るでしょう。次第に雨は本降りとなり、土曜日の朝が雨がピークとなりそうです。

土曜日の朝は発達した雨雲が県内を通っていき、1時間に30ミリほどの激しい雨の降るところが出てくるでしょう。風も強まり、荒れた天気になりそうです。

土曜日の午後はピークを越えてきそうです。

予想される24時間雨量は以下のようになっています。

12日午後6時までの24時間(多いところ)

西部  30ミリ

中部  30ミリ

東部  20ミリ

伊豆  20ミリ

13日午後6時までの24時間(多いところ)

西部  100~150ミリ

中部  100~150ミリ

東部  200~300ミリ

伊豆  200~300ミリ

静岡県では今年初めて大雨になるところも出てきそうです。大雨警報が出る可能性もありますので、最新の情報をご確認ください。

大雨の前に確認してほしいこと

大雨の前に改めて確認してほしいことがあります。

・側溝や雨どいなど詰まっていないか確認

・避難場所や避難経路の確認

・懐中電灯やラジオが使えるのかの確認

・最新の情報を得る方法の確認

 (自治体からの情報を得る方法・気象情報を得る方法の確認)

気象情報は気象庁のホームページを確認する方もいるかと思いますが、気象庁のホームページは2月下旬に大幅にリニューアルされました。毎日使っている私でも、まだ知りたい情報を得るのに時間がかかっていしまうことがあります。一度、気象庁のホームページをのぞき、確認しておくとよさそうです。

その際にお住まいの地域を選択しておくと、より早く知りたい情報を見つけることができます。また表示する情報もカスタムすることもできるので、活用してください。

新しくなった気象庁のトップページ(気象庁HPより)
新しくなった気象庁のトップページ(気象庁HPより)

お住まいの地域を中心とした気象情報がひとつのページにまとまって表示される(気象庁HPより)
お住まいの地域を中心とした気象情報がひとつのページにまとまって表示される(気象庁HPより)