土砂災害に再び警戒を

12日は久しぶりに晴れ間が出ました。今日(13日)は雨が降ったものの、それほど強まっていないため、注意報が発表されている地域も少なくなってきました。ただ油断できません。

早期注意情報(警報級の可能性)気象庁HPより
早期注意情報(警報級の可能性)気象庁HPより

こちらは早期注意情報といって、警報が出る可能性があるかどうかを知ることができる情報です。14日は再び雨が強まり、大雨になるため、警報級の可能性が高くなっています。次々に気象庁や自治体から情報が発表されることが考えられます。最新の大雨情報にお気を付けください。

14日の大雨の原因は2つの前線

14日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
14日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

14日は日本海に低気圧があり、そこから東と南西に前線が伸びる予想です。この2つの前線によって県内は大雨になりそうです。

日中は東にのびる前線です。この前線に向かって南西から非常に湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になります。特に風がぶつかる山沿いで雨が強まりそうです。

東にのびる前線に向かい、南西から非常に湿った空気が流れ込む(提供:ウェザーマップ、筆者一部加筆)
東にのびる前線に向かい、南西から非常に湿った空気が流れ込む(提供:ウェザーマップ、筆者一部加筆)

夕方以降は南西にのびる前線で大雨となりそうです。寒冷前線で、活発な積乱雲を持っている前線です。これが通過していく夜は平地も含めて広い範囲で雨が強まり、1時間に50ミリ程度の非常に激しい雨の降るところが出てきそうです。また竜巻のような激しい突風にも注意が必要です。

14日夕方以降は南北にのびる寒冷前線が通過していく(提供:ウェザーマップ、筆者一部加筆)
14日夕方以降は南北にのびる寒冷前線が通過していく(提供:ウェザーマップ、筆者一部加筆)

予想される雨の量は、あす夕方までの24時間、多いところで

西部、中部、東部  250ミリ

伊豆  200ミリ

さらにその後の24時間も50~100ミリが予想されています。

土の中の水分の量が多くなり、土砂災害の危険度が高くなりそうです。斜面などには近づかないようにしてください。また今回は平地でも一時的に雨が強まりますので、低い土地の浸水にも警戒が必要で、雨が強まってきたらアンダーパスには近づかないようにしてください。

梅雨明けは遠い

週間予報(提供:ウェザーマップ)
週間予報(提供:ウェザーマップ)

15日以降も雨が降りやすい状況が続きます。梅雨前線が近くに停滞しそうです。雨が降ったりやんだりでしょう。今週も梅雨明けはなさそうです。早期注意情報にもありますが、18日前後は再び大雨の可能性があります。