台風19号の影響、静岡県にはいつから出てくる?

気象衛星(画像提供:ウェザーマップ)

大型で猛烈な台風19号が小笠原の近海まで北上してきました。

今後も北上を続け、非常に強い勢力で土曜日に東日本にかなり接近・上陸の恐れがあります。

台風19号の予想進路(提供:ウェザーマップ)
台風19号の予想進路(提供:ウェザーマップ)

台風19号の静岡県への影響は

今回の台風は

・大雨・暴風・波浪・高潮、すべてに警戒が必要

・雨や風の影響を受ける時間が長い

伊豆に大きな被害をもたらした台風15号は、近づく直前まで雨や風はありませんでした。今回は大型なので台風の中心がやってくる前から雨や風が強まりそうです。大型なので、少し遠いところを通っても、雨、風、波の影響は大きそうです。

いつから警戒が必要なのか、気象庁が発表している早期注意情報(警報級の可能性)です。

早期注意情報(警報級の可能性) 気象庁HPより
早期注意情報(警報級の可能性) 気象庁HPより

警報の可能性がある場合を【中】、警報が出る可能性が高いところに【高】と書かれます。

・雨に関しては、台風がまだ南に離れている金曜日の段階から【中】がついています。台風の湿った空気が早くも入りはじめ、雨が強まるところが出てきそうです。

・暴風は土曜日と日曜日に【高】がついています。非常に強い勢力で近づいてくる予想で、伊豆に大きな被害をもたらした台風15号に匹敵するような風が吹く可能性があります。

・波浪は金曜日から日曜日にかけて警戒が必要です。高潮のおそれもあります。少なくともこの期間は海岸には近づかないようにしてください。

あすの日中は晴れて影響も少ないため、あすの日中までに台風対策をしておくとよさそうです。