10月26日の関連記事スクラップ/ANA3500人削減/ジョブ型雇用を命名者警鐘/高校普通科改革は

関連記事をチェック(写真はイメージ)(写真:アフロ)

【10月26日の関連記事スクラップ/ANA3500人削減/ジョブ型雇用を命名者警鐘/高校普通科改革は】

本日の大学・就職・教育・キャリア関連記事をスクラップ。

月曜は朝日が教育面、毎日が教育面(教育の森)、東京が働く面、日経が教育面、18歳プラス面、女性面をそれぞれ掲載の曜日。関連記事は33本と平均的。全体では、ANA3500人削減、ジョブ型雇用を命名者が警鐘、高校普通科改革の是非、など。

●朝日新聞 6本

ANA、3500人削減へ 22年度までに 外部企業に出向も(1面・6段)■

SDGs 学んでみたら「自分ごと」 「健康って?」「平等って?」 授業で標語作り(19面・3段)▲

いま子どもたちは コロナ禍の集団生活・2 寮生活 細かなルールで感染防止(19面・6段)▲

柳沢幸雄の教共育考 内申点と入試 スペシャリストの芽 見極めを(19面・1段)▲

最低賃金「ふつうの生活」から算出 アイロン必要?労組が積み上げ調査 経営側は議論に慎重 「公的データ、不十分」(22面・5段)■■■ ▲

at work 新電力・2 需給管理 日々のかじ取り 備えて安定(22面・3段)

●読売新聞 1本

臨時国会 政府、法案最小限に コロナ・学術会議 論戦へ(4面・4段)

●毎日新聞 7本

臨時国会きょう召集 学術会議問題など論戦(1面・6段)

ANA、外部に出向へ 事業構造改革 要員削減(2面・2段)

大学運動部の大麻使用 「規範意識」育てる指導を(5面・3段)▲

やる気レシピ 主体的に勉強できる方向付けを 元ラグビー日本代表メンタルコーチ 荒木香織さん(9面・3段)▲▲▲

学びのコンパス 個別指導塾 コロナが影響 質を確保し「遠隔」導入(9面・3段)▲

AIで目指す人の相談対応 育児や学生窓口 大学で研究、開発進む(15面・4段)▲

うちのセンセイ 東京大大学院総合文化研究科准教授 阪本拓人さん アフリカの平和願(15面・3段)

●産経新聞 4本

臨時国会 きょう召集 菅内閣初論戦 学術会議人事も焦点(2面・5段)

成果主義でないジョブ型雇用 命名者警鐘(12面・5段)■■■

コロナ謝罪 どこまで 選手感染で阪神社長辞任 部活クラスターで非難殺到 許し前提の日本文化変質も(23面・6段)■ ▲

子育ての女性 仕事復帰遅れ 家事など負担集中か(23面・3段)■

●東京新聞 3本

ANA3500人社員削減へ 採用中止や定年退職で(3面・2段)

「自己都合」失業手当 給付早まる 生活支え 転職を後押し 求人低水準 効果は未知数(15面・5段)■

大学入試 「情報」を新設 科目数は削減(20面・5段)▲

●日本経済新聞 12本

従業員の外部出向検討 ANAHD 業務効率化急ぐ(5面・4段)■

科技立国 落日の四半世紀・4 進まぬ産学連携 遠い目標 目利き・人材交流に課題 学内に企業研究所 広がる(11面・6段)■ ▲

フリーランス保護進むか 政府、安全網整備へ年度内指針 独禁法・下請法で監視 労働法制適用が課題に(13面・9段)■■■

高校普通科の改革 強みや進路 探究支援を 児美川孝一郎 法政大学教授 教科と実社会つなぐ 中教審案、迫力不足 ポイント 高大接続の視点 改革に欠かさず(16面・7段)▲▲▲

データ 受験生7~8割が運動不足(16面・2段)▲

学びや発 コロナ下の我慢 小さな不満も受け止めて(16面・5段)▲

先輩に聞く 道を切り開く 「半農半歌手」自分らしく シンガーソングライター Yaeさん 里山暮らし 曲も充実 コロナ機に関心高まる 日本の農村の魅力 若い世代に伝える(17面・6段)

池上彰の大岡山通信 若者たちへ・250 読書の秋にこの1冊・上 新たな視点 学び深める(17面・9段)▲

実務生かしていざ法務へ 弁護士資格なくても力を発揮 産育休からも戻りやすく(19面・9段)■

折れないキャリア 駐パラグアイ大使 中谷好江さん 外交の基本 子育てに通じる(19面・4段)

Women’sトレンド 曖昧な議員の「産休」期間(19面・1段)

不妊減らす出前授業 「40代がなる確率は?」…男子高校生どよめく ライフプラン 必要訴え 体外受精、保険適用も議論(39面・7段)▲

※記事タイトル後ろの■■■はYahoo!ニュース個人有料版の「採用担当者がおさえておきたい記事3選」選出記事。■は同・推奨記事。

※※記事タイトル後ろの▲▲▲はYahoo!ニュース個人有料版の「教育関係者がおさえておきたい記事3選」選出記事。▲は同・推奨記事。

本記事では、読者対象である採用担当者の方に向けて「採用担当者がおさえておきたい記事3選」と推奨記事、その解説を加筆しています。

また、教育関係者が購読していることもあり、「教育関係者がおさえておきたい記事3選」と推奨記事、その解説も掲載しています。

本日は合計で約2800字、加筆しました。

この記事は有料です。
新卒・若手を採用したいなら知っておきたい「最新の就活・大学事情」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

新卒・若手を採用したいなら知っておきたい「最新の就活・大学事情」のバックナンバー2020年10月サンプル記事

石渡嶺司

価格

550(記事30本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「採用氷河期」が長く続いていますが、企業の新卒採用担当者にノウハウが蓄積されていないのも一因ではないでしょうか。学生の資質、大学や学部の体制やカリキュラム、就活・採用のサービスや制度などが目まぐるしく変化する中、真にアップデートさせなければならないのは、採用担当者の知識と意識です。本連載では、大学・就活取材歴18年の著者が、採用担当者のために本当に必要な最新情報やノウハウを厳選してお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1975年札幌生まれ。北嶺高校、東洋大学社会学部卒業。編集プロダクションなどを経て2003年から現職。扱うテーマは大学を含む教育、ならびに就職・キャリアなど。2018年は肩書によるものか、バイキング、ひるおびなどテレビ出演が急増。ボランティアベースで就活生のエントリーシート添削も実施中。主な著書に『大学の学部図鑑』(ソフトバンククリエイティブ)『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)『女子学生はなぜ就活に騙されるのか』(朝日新書)など累計28冊・55万部。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。