---------------------------------------------------------------------------------------

石川 温の「スマホ業界新聞」

2021/12/04(vol.446)

---------------------------------------------------------------------------------------

《目次》

1.クアルコムがソニーとカメラ関連で共同ラボを設立

-----ソニーはデジカメとXperiaの一体経営に拍車

2.水平分業から変革を起こせたSnapdragonとAndroid

------グーグルの垂直統合化にクアルコムは何を思う?

3.ソニーが集合住宅向けに月額5000円のローカル5Gサービス

-----5G対応Wi-Fiルーターは家庭内IoTのハブになるか

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

---------------------------------------------------------------------------------------

1.クアルコムがソニーとカメラ関連で共同ラボを設立

-----ソニーはデジカメとXperiaの一体経営に拍車

---------------------------------------------------------------------------------------

クアルコムは11月30日から12月1日にかけて、米国・ハワイ州で「Snapdragon Tech Summit」を開催した。例年、世界各国からメディアを集めているが、昨年はコロナ禍で中止。今年はアメリカなどの一部メディアを集めて開催された。ちなみに中国でも現地メディアを集めて開催。クアルコムがいかに中国市場に注力しているかがわかる。

今回はハイエンドモデルなどに搭載されるプロセッサ「Snapdragon 8 Gen 1」などが発表された。

個人的に注目したいのがソニーとのパートナーシップだ。クアルコムとソニーでサンディエゴにジョイントラボを設立すると発表したのだ。

Snapdragonには画像を処理するISPがある。ISPはイメージセンサーから取り込まれた情報を処理する。ソニーはイメージセンサーで高いシェアを誇る。両社がタッグを組むことでカメラの画質を上げていくというわけだ。

もちろん、当初の成果としてはスマートフォン向けが期待されるだろう。アップルは独自にISPでのAI処理能力を高めているし、グーグルもTensorによるAI処理を強化している。クアルコムとしてはソニーと組むことで、競合に対してAndroidスマートフォンの画質をまずは上げる必要があるだろう。