NTTによるドコモ完全子会社で通信業界崩壊の危機 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.390

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2020/10/03(vol.390)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.NTTによるNTTドコモ完全子会社化の衝撃

━━年内にも値下げ?国内の通信業界再編は必至か

2.NTTグループ32万人の命運を握る「ドコモ値下げ」

━━国際競争力強化を狙うなら「ドコモを親会社」にすべき

3.楽天モバイルが月額2980円の5Gプランを発表

━━年内300万契約達成は「微妙なところ」

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.NTTによるNTTドコモ完全子会社化の衝撃

━━年内にも値下げ?国内の通信業界再編は必至か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここ数年でもトップクラスのニュースであった「NTTによるNTTドコモ完全子会社化」。先週の日経電子版「モバイルの達人」で「菅総理が本気で料金値下げを菅がているなら国有化しかない」と書いたのが、まさか現実になるとは驚いた。

ただ、ここ数年、総務省があれこれと競争政策を導入してきたものの、成果はさっぱりであり、すでに手を尽くした感はある。菅総理が値下げに関して、早急な回答を求めているようだが、総務省が新たに競争政策を仕掛けたところで何も変わるわけもなく、最終手段である「準国有化」によって、一気に値下げ料金競争が加速しそうだ。

最も現実的なのは12月1日、NTTドコモ・井伊基之氏が新社長に就任した際に華々しく値下げを発表するパターンだ。メインブランドであるNTTドコモで、何千円も値下げをすれば収益に与える影響は甚大で、それこそ「収益で3番手」を脱却できなくなることを考えると、サブブラン

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事

石川温

価格

月額550円(初月無料)

週1回程度

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。