3月開始の5G、エリアとスマホが広がるのは2021年か 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.359

決算会見で5Gへの注力を表明するソフトバンク宮内謙社長。撮影:筆者

『未来IT図解 これからの5Gビジネス』

https://amzn.to/2sbyTds

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2020/02/08(vol.359)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.ソフトバンクの5G基地局計画は4G周波数転用を想定済み

━━2021年にはエリアとスマホが一気に拡充か

2.端末割引の負担減り、KDDIとソフトバンクが増収

━━解約率も大幅に改善。法改正は「キャリアだけに恩恵」

3.NTTドコモとメルカリが業務提携

━━早くもメルペイの存在意義は消滅したか

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ソフトバンクの5G基地局計画は4G周波数転用を想定済み

━━2021年にはエリアとスマホが一気に拡充か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ始まる5G。ソフトバンクの宮内謙社長は、2月7日に行われた決算会見で「来月末よりスタートする」と言及した。「3月末」という具体的なスケジュールを明らかにしたと自分のTwitterで報告したところ、広報担当者から「前から3月末だと言及している」との指摘があった。

サービス開始当初のエリアについては「ピンポイントになる」(宮内社長)とのことだ。

そもそも、ソフトバンクが総務省に提出した5Gの基地局開設計画は他社に比べてかなり少ない数字となっていた。基地局数はNTTドコモが1万3002局、KDDIが4万2863局、楽天が2万3735局であるのに対して、ソフトバンクは1万1210局に過ぎなかったのだ。当時、一般メディアは「ソフトバンクはやる気がない」なんて書いていた。

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバー2020年2月サンプル記事

石川温

価格

550(記事4本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。