『未来IT図解 これからの5Gビジネス』

https://amzn.to/2sbyTds

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2020/02/08(vol.359)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.ソフトバンクの5G基地局計画は4G周波数転用を想定済み

━━2021年にはエリアとスマホが一気に拡充か

2.端末割引の負担減り、KDDIとソフトバンクが増収

━━解約率も大幅に改善。法改正は「キャリアだけに恩恵」

3.NTTドコモとメルカリが業務提携

━━早くもメルペイの存在意義は消滅したか

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ソフトバンクの5G基地局計画は4G周波数転用を想定済み

━━2021年にはエリアとスマホが一気に拡充か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ始まる5G。ソフトバンクの宮内謙社長は、2月7日に行われた決算会見で「来月末よりスタートする」と言及した。「3月末」という具体的なスケジュールを明らかにしたと自分のTwitterで報告したところ、広報担当者から「前から3月末だと言及している」との指摘があった。

サービス開始当初のエリアについては「ピンポイントになる」(宮内社長)とのことだ。

そもそも、ソフトバンクが総務省に提出した5Gの基地局開設計画は他社に比べてかなり少ない数字となっていた。基地局数はNTTドコモが1万3002局、KDDIが4万2863局、楽天が2万3735局であるのに対して、ソフトバンクは1万1210局に過ぎなかったのだ。当時、一般メディアは「ソフトバンクはやる気がない」なんて書いていた。