ドコモが最大4割値下げの新料金プラン発表

 NTTドコモは4月15日、最大4割安くなる新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。

 新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信がワンパッケージになっている。

 動画などのデータ通信が多い人向けには30GBプラン定額制の「ギガホ」、メールやSNSなどデータ通信が少ない人向けに、従量制「ギガライト」という設定だ。

 ギガホの月額料金は30GBで6980円となる。30GBを超えた場合は送受信時最大1Mbps。

 この料金には音声基本料金が含まれており、5分通話無料オプションを付ける場合は700円、かけ放題オプションは1700円が必要。3回線以上、契約している場合は回線ごとに1000円引きとなる。

 ギガライトは使った分によって値段が上がる従量制で、1GBまでが2980円、3GBまでが3980円、5GBまでが4980円、7GBまでが5980円となる。ギガホ同様に音声基本料金が含まれており、5分通話無料オプションを付ける場合は700円、かけ放題オプションは1700円が必要。3回線以上、契約している場合は回線ごとに1000円引きとなる。

 NTTドコモでは新料金プランの導入に合わせ、従来から提供していた家族向けの「シェアパック」や、4万円以下のスマホを購入したい際に毎月1500円割り引くという「docomo with」の新規受付を停止する。

新料金プランは6月1日より提供開始となる。

 新料金プランの「従量制」と「定額制」という組み合わせは、KDDIの「auピタットプラン」「auフラットプラン」に近い設計になっている。NTTドコモが新料金プランを発表したことで、他社がどのような反応を示すかが注目と言えそうだ。

3回線以上で1000円引きとなる「ギガホ」
3回線以上で1000円引きとなる「ギガホ」
従量制プランとなる「ギガライト」
従量制プランとなる「ギガライト」

 

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ