孫社長が氷水の入ったバケツをかぶる

氷水のいっぱい入ったバケツを被るソフトバンク孫社長

ソフトバンクの孫正義社長が氷水の入ったバケツをかぶった。

これは筋肉が委縮し、身体が動かなくなってしまう難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の認知度を上げるためのチャリティイベントだ。

アメリカのIT業界における有名人の間で広まり、ついにソフトバンク孫社長に順番が回ってきたとのことだ。アメリカではすでに、アップルCEOのティム・クック、マイクロソフト創業者であるビル・ゲイツ、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOがチャレンジしている。 

指名された人は24時間以内に氷水を被るか、ALS支援団体に100ドル(約1万円)を寄付することが条件となっている(その両方も可能)。その際、次の挑戦者を3名、指名することができる。

もちろん、参加者は善意で行っており、参加を拒否することも可能だ。

孫社長は「私も氷水をかぶって身体を張って、少しでもこの難病が解決するように協力したい」とコメント。

氷水のいっぱい入ったバケツ、さらに氷の山、最後にじょうろに入った水を被った。チャレンジ終了後は、「お父さんガウン」を羽織り、会場を跡にした。

孫社長が氷水を被るとあって、会場には社員が150名以上、さらにテレビカメラも10台ほど取材に来ていた。

孫社長が挑戦し、一般メディアに露出することで、筋萎縮性側索硬化症の認知も一気に広まりそうだ。

孫社長は、昨日、ロボット「Pepper」の製造を手がけるフォックスコンのテリー・ゴウCEOから指名を受けていた。ちなみに次の3名として、ヤフーの宮坂学社長、ゲーム会社ガンホー・オンライン・ エンターテイメントの森下一喜社長、同じくゲーム会社であるスーパーセルのイルッカ・パーナネンCEOが指名された。

チャリティ参加に向けて神妙に挨拶をする孫社長
チャリティ参加に向けて神妙に挨拶をする孫社長
大量の氷を被る孫社長
大量の氷を被る孫社長
じょうろの水をかぶり、余裕の表情を見せる孫社長
じょうろの水をかぶり、余裕の表情を見せる孫社長
終了後はお父さんガウンを羽織り、会場をあとにした。
終了後はお父さんガウンを羽織り、会場をあとにした。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ