ソニーが新製品「Xperia Z」を発表

カラ―は、ブラック、パープル、ホワイトの3色。

ソニーモバイルコミュニケーションズは、新製品となる「Xperia Z」をアメリカ・ラスベガスで開催の家電展示会「CES」で発表した。

Xperia Zは5インチのフルHDによる大画面ディスプレイに、1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載。バッテリーは2330mAhと大容量となっている。

Xperiaシリーズと言えば、従来は曲線を生かしたデザインが多かったが、Xperia Zは、角張ったフラットなフォルムに仕上がっている。本体は7.9mmと薄く、まるでガラスの一枚板のような質感となっているのが特長だ。背面はガラス、電源ボタンにはアルミを採用するなど、高級感のあるデザインといえる。

防水・防塵にも対応するなど、日本市場を意識した設計になっている
防水・防塵にも対応するなど、日本市場を意識した設計になっている

実際に触ってみたが、大画面でありながら、本体が薄いので、手におさまる大きさに仕上がっている。とにかく質感が高く、所有欲をくすぐるデザインに感じた。

5インチのディスプレイはフルHDで、443ppiという高密度液晶を採用した。Retinaディスプレイが人気のアップル・iPhone5が326ppiであるから、Xperia Zがかなりの高密度だということがわかる。

カメラには新開発の「Exmor RS for mobile」を搭載。画素数は1310万画素。動画でも逆光を気にせずに撮影でき、さらに静止画と動画を同時に撮影できるようにもなった。ソニー・Cyber-shotの技術を応用し、夜景撮影時にはノイズを少なくして高画質化を実現。人肌などの撮影にも強くなった。

NFCだけでなく、Felicaにも対応。アメリカで発表された「Xperia Z」ではあるが、ソニーでは「日本で発売の予定」とアナウンスしている。ソニーからは具体的な発表はされていないが、昨年のCESで発表された新製品がNTTドコモから発売された流れを考えると、XpeiriaZもNTTドコモから発売される可能性が濃厚だ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ