現役官僚が原発利権を告発!小説「原発ホワイトアウト」著者、若杉冽氏が明かす“モンスターシステム”とは

『告発小説 「原発ホワイトアウト」著者インタビュー』

堀 潤×若杉 冽(現役官僚)J-WAVE「JAM THE WORLD」でのストレートインタビューを収録

画像

小説「原発ホワイトアウト」

霞ヶ関の現役官僚による内部告発小説として18万部を超え、2013年のベストセラーになった『原発ホワイトアウト』の著者、若杉冽さん。既に、所属先の官庁内で「誰が書いたのか?」と犯人探しが始まっているという。

「怖くないですか?」と聞くと、「自分以外にも書きそうな奴は霞ヶ関の中にも何人かいるので」と笑いながら返ってきた。しかし、一方で報復人事などが個人に跳ね返ってくる可能性は否定できないと一瞬顔を曇らせた。

小説は、一昨年12月に行われた衆議院選挙後のニッポンを舞台に、原発再稼働を虎視眈々と狙う電力業界、経済界、政界のトライアングルを克明に描いた内容になっている。犯人探しが行われるという事は、内部告発小説として、あまりに“真を食っていた”ということなのかもしれない。小説の中に出てくる人物の一部は、明らかに、実在する人物を連想する描き方になっている。

例えば、脱原発を訴える山本太郎参議院議員を思わせる人物は「山下次郎」。原発利権の存在についても指摘する等与党内で一匹狼として闘う自民党の河野太郎衆議院議員を連想させる人物は「山野一郎」。さらに、再稼働に向けた安全審査の申請を出したい東京電力に対して、事故が発生した場合の安全対策の不備を鋭く追求していた新潟県の泉田知事を思わせる人物は「新崎県、伊豆田知事」。

若杉氏は、なぜ自身の立場があやうくなるかもしれないリスクを背負ってまで内部告発小説を世に出そうと考えたのか?じっくりと聞いた。

堀:

どうして、自らの立場を危うくしながらも、小説を書こうと思ったのですか?

若杉:

2011年3月11日以降、我々は福島の経験をして国民全体も脱原発を望んでいる声が多いと思います。2度の国政選挙を経て、何事もなかったかのように政権も業界も原発を動かそうと動き出しています。年々、民意と離れてきてしまっているのではと感じています。その中で私が直接見聞きしている事実と間接的に見聞きしている事実、これを元に、いかに国民不在で再稼働を原発推進に向かった進んでいるのかをできるだけリアルに国民の方に伝えたかったのです。本当は、山崎豊子さんのような小説家に書いてもらいたかったのですが、つてもなく知り合えずにいたので、自分で書く事にしました。

堀:

ただ、内部告発をするのであればマスコミにリークをしたり、雑誌や新聞などに寄稿するという手もあったかと思いますが、なぜ小説という形にしたのですか?

若杉:

えー、いろんな形で、その意思決定に直接、間接的に関わってきた訳ですが、どうしても政治家は評判、官僚は出世、業界はそれが会社の利益になるということでがんじがらめになってしまっていて、そういう中でこれを止められるのは国民の力しかないので、そういう政・官・財の現状をそのまま伝えるのは小説という形の方がいいのだろうと。直接見聞きした事だと、公務員の守秘義務に関わります。間接的に見聞きした事だと、報道機関は裏がとれないと流せない。でも、間接的に見聞きした事が、裏がないからといって真実ではないわけではなく、真実を伝えるためには小説をやむにやまれずというか、押さえられない気持ちで書いてしまいました。原発推進に向けて、悪巧みが進んでいるのを知りながら、それを国民に伝えないほうが怖いし、良くないと思いました。

堀:

若杉さんが言うところの「原発再稼働に向けた”悪巧み”」を、小説の中では「モンスターシステム」と表現しているのですが、それは、どんな“システム”なのでしょうか?あらためて教えてください。

若杉:

あの~。電力会社は当然、色んな仕事を発注したり、いろんな物資を調達したりします。その時に効率的な調達がされているかというと、必ずしもそういうわけではありません。自由競争入札というのはあまりやらなくて、随意契約というのをやっている。結果としての落札の価格をみても自由な競争的な市場とくらべると2割~3割高い。それを溜まり金としてキックバックさせるとそういう形になりますが、そうではなくて、電力村、原子力村の共通の利益のためにこの総括原価方式を守らなくてはいけないということで、お金を預託するような形で任意の団体にあずけさせて、実際にはパーティー券の処理とか、政治献金とかそういうことに使っていくというシステムです。これを総括原価方式といいます。電力会社の場合、かかったお金は全部料金に転嫁するという仕組みがあって、他の電力会社と競争がおきていないからこそ維持ができているシステムなのです。そういうことによって、電力会社を頂点としていろんなメーカーやその下にぶら下がっている部品屋さんなど、全員でこのシステムを守れば競争をしなくてうまみがあるんです。結局傷みを感じるのは国民なのですが。そういう仕組みの事を私は「モンスターシステム」と名付けました。

堀:

小説では、官僚が落選議員を訪問して次の選挙までの仕事を斡旋するシーンなども盛り込まれていますね。将来どちらが勝っても、自分たちが不利にならない様にする仕込みが行われているということに驚きました。若杉さんは、義憤にかられて、参院選後、わずか2ヶ月で一気に小説を書き上げたということですが、急いで執筆にとりかかったのには訳があったそうですね。とある政治家を守るためと伺いました。新潟県の泉田知事をですか?

小説の中では、まさに地方自治体のトップがスキャンダルで失職させられるシーンがありますよね。

若杉:

新潟県の泉田知事は原子力を推進する勢力からすると目の上のたんこぶだから、正直、非常にあぶない立場だと思います。泉田さんは官僚の適当さを知っていますから。僕が書きたかった動機の一つは、泉田知事があぶないということ。泉田知事を救うためには、泉田知事が国策捜査で逮捕されるというストーリーを逮捕されるまえに明らかにしておけば彼を守れると思ったからです。今は彼しかいません。橋本徹さんがあんな風になってしまって・・・。首長のなかで原子力に規制がかけられるのは彼しかいません。絶対に頑張って欲しいと思っています。

堀:

霞ヶ関にとって目障りな権力者を、どのようにして失脚させるか?その手口の一例は、小説の中に描かれているんですが、それを後ろで支えているのが、巨大な原発利権「モンスターシステム」として描いていらっしゃいます。このシステムを切りくずして、健全な仕組みをつくるためには、どのような改革が必要なのでしょうか?

若杉:

モンスターシステムの巧妙なところは、今だとパーティー券というのは20万円以上買わないと公開されません。だから、政治献金やパーティー券の公開の加減を0円にしていしまう。買った人は必ず公開するということで、誰が資金を提供したかということをガラス張りにする必要があります。これは、一時期政権を取る前の民主党も公約に掲げていました。維新の回も太陽の塔と一緒になる前は公約にしていましたが、政権が近づくと彼らは公約からおろしてしまいました。これを本当に実現すれば、金の出し手というのが分かります。後は電気料金が、電気会社の二次下請けとか三次下請けとかそういうところに通常よりも高い値段で消えてしまっています。その電気料金からのルートも断たなくてはいけません。他にも、政治献金をする動機や、その資金を元から断つ意味で、「発送電分離」の仕組みを、今進めようとしている“法的分離”ではなく“所有権分離”という形にできるかどうかもポイントです。

堀:

ただ、なかなかこうした根本的な改善策についてはなかなか公の場で議論のテーマとしてあがってきませんが、例えば、情報が電力会社によってメディアコントロールは続いているのでしょうか?

若杉:

日本の原発にはコアキャッチャーが無いけれど、ヨーロッパの原発にはあります。そういう事実は、再稼働したい電力業界にとっては隠したい不都合な真実です。電力会社をはじめ、関連会社は相当に力をいれて、メディアでの巻き返しを図っていると言っても間違いではありません。

堀:

特定秘密保護法が可決されました。この法案が施行されるとこれまで間接的に、あるいは直接的に官僚の方から聞こえてきた情報が出てこなくなると思うのですが、若杉さんはどうご覧になっていますか?

若杉:

私が一番心配しているのはそれだけでなくて、特定秘密に関わるものの資質が劣化すると思います。特定秘密でなければその秘密の取り扱いにかかる政策について前任者にも相談ができるし、十年前の先輩にも相談できるし、仲間にも相談できて、多面的なチェックができます。でも、それができないと、前任者、同期、先輩にも相談できなくなります。あなたとあなたと、という少ない人数で考えなくてはいけません。非常に質が劣化してしまいます。

堀:

率直にお話が伺えて良かったです。小説だけではなくて、官僚として改善策を現場で実行されていくのですか?

若杉:

自分の力が及ぶ限りはやりきりたいと思っています。

堀:

どうか、刺されない様に気をつけて下さい。

霞ヶ関の中にも、若杉さんのような官僚の方がいると知る事はとても大きい事ですから。