インターネットによる取引が増加していることは周知の通りだが、それに伴い出版物販売額の割合は増加しているのだろうか。その実情を日販による「出版物販売額の実態」最新版(2021年版)のデータを基に確認する。

「出版物販売額の実態」では過去のデータも合わせると、2007年度以降におけるインターネット上での総売上、そしてそのうちインターネット上における出版物の販売額(電子書籍などは含まず。あくまでも紙媒体の取引)が示されている。そこでまずは、その双方の動向をグラフ化したのが次の図。

↑ インターネット総売上とインターネット経由による出版物販売額(億円)
↑ インターネット総売上とインターネット経由による出版物販売額(億円)

記録が残っているもっとも古い2007年度ではインターネット総売上は3兆8800億円。インターネット経由による出版物の販売額は932億円。これが直近の2020年度ではそれぞれ10兆6300億円・2636億円にまで成長している。直近の2020年度の額は、それぞれ2007年度分からはおおよそ2.7倍・2.8倍の成長。グラフの区分は双方で異なるものの、成長度合いは同じように見える。

直近の2020年度では大きな伸びが生じている。これは新型コロナウイルスの流行で在宅勤務・学習が増えたことにより、インターネット経由で本を買い求める人が増えたのが要因だと思われる。

インターネット経由による出版物販売額が、インターネット総売上の何%に相当するのか、毎年度ごとの割合を算出したのが次のグラフ。

↑ インターネット上の総売上に対する出版物販売額の比率
↑ インターネット上の総売上に対する出版物販売額の比率

多少のぶれがあるものの、大体2.6%前後で維持されている。つまり、元々インターネットの総売上における印刷物販売額の割合に大きな変化はなく、インターネットによる取引そのものの拡大に伴い、インターネット経由による出版物販売額も増えているまでの話。全体の規模拡大に連れて一要素の規模も大きくなっている次第ではある。

インターネットは道具、インフラの一種に過ぎず、それが普及する、利便性が高まればそれに連動する形で、利用される物量の規模も拡大していく。売上が増えればその構成要素の出版物販売額も増えるのは物の道理。いつまでも同じ調子で成長を続けるわけではないだろうが、しばらくは堅調さを見せ続けてくれるだろう。

■関連記事:

【ネットショッピングをする理由、トップは「外出をしなくても買い物できる」】

【他人が気になるネット経由でのお買いもの内容(実商品・サービス編)(2016年)(最新)】

(C)日販 営業推進室 出版流通学院「出版物販売額の実態2021」

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記のない限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。