日本における下水道の普及率の現状をさぐる(2020年公開版)

↑ 普段は目に留めることもない下水道も多くの人には欠かせない存在。(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

多くの人にとって社会生活には欠かせないインフラ、下水道。衛生・公衆環境の整備の指針の一つとなる、下水道の普及率の現状を公益社団法人日本下水道協会や国土交通省の下水道資料室における公開値から確認する。

直近となる2018年度末(2019年3月末時点)における都道府県別の下水道普及率は以下の通りとなる。

↑ 都道府県別下水道普及率(2019年3月末時点)
↑ 都道府県別下水道普及率(2019年3月末時点)

徳島の18.1%から東京の99.6%までと、地域による数字の変動が大きい。全国で均すと79.3%との結果が出ている。

これを分かりやすいように普及率の順に整理し、上位・下位を抽出したのが次のグラフ。

↑ 都道府県別下水道普及率(上位・下位地域)(2019年3月末時点)
↑ 都道府県別下水道普及率(上位・下位地域)(2019年3月末時点)

上位はおおよそ人口密集地域、下位は比較的人口の密度が低い地域で占められている。これは上水道の普及率動向でも触れているが、コストパフォーマンスを原因とするところが大きい。例えば値の上では一番低い徳島だが、同県の公式サイトによると、下水道の普及率が低いことについて次のような説明がされている(【徳島県庁コールセンター すだちくんコール】)。

Q)徳島県はなぜ下水道の普及率が他県に比べて遅れているのですか?

A)本県は台風の常襲地域であり、浸水被害に悩まされてきたことから、汚水処理より浸水対策の整備に力を注いできた経緯があります。

また、吉野川などの大河川の流域に市街地が形成されており、人口密度に比べて川の水量が豊富で、水の汚れをそれほど意識する状況になかったことも、その一因だと考えています。このようなことが原因で、下水道の整備が遅れたと考えています。

また国土交通省の資料室内にある「汚水処理の普及」によれば、地域間格差が大きい理由として、人口が集約されていない場所は下水道による一括処理では無く、合併槽などによる個別処理の方が望ましいとの解説もある。

↑ 下水処理におけるコスト比較の概念図(国土交通省 都市・地域整備局「汚水処理の普及」より)
↑ 下水処理におけるコスト比較の概念図(国土交通省 都市・地域整備局「汚水処理の普及」より)

個々の環境の違いによるところも大きく、単純に下水道普及率の値が環境のよし悪しを決める決定的な要素ではないものの、整備が望まれているもののコストなどの問題で立ち遅れている場所があるのも事実。今後の環境整備の推進に期待したいところだ。

他方、今後は多くの地域で人口の漸減と高齢化・地方の過疎化が予想されるため、地方、人口密度が低い地域における下水道事業の採算性の問題が、これまで以上に大きな問題点となる。効率面で多様な決断が求められることになるだろう。

■関連記事:

想定外だった震災の企業への影響、トップは「計画停電」

地震時に心配な事、家族の安否にインフラ遮断、そして水や食料の不足

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。