進学か就職か、それが問題だ…高校2年生の進路希望の実情をさぐる

↑ 他にも選択肢はあるが、おおよそは就職か進学。人生の分岐点での選択肢は。(写真:アフロ)

高校生も2年生になると、卒業後の進路を考える必要が生じるようになる。本人の意向はもちろん、家庭の事情、社会環境の変化など、多様な影響によりその選択に違いが生じる。その実情を国立青少年教育振興機構が2018年8月に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」(※)の報告書の内容から確認する。

次に示すのは高校2年生における、自分自身の進路としての希望を答えてもらった結果。択一回答なので、最優先・第一希望的な内容となっている。

↑ 卒業後の進路としてどれを希望するか(択一、高校2年生)(2016年度)
↑ 卒業後の進路としてどれを希望するか(択一、高校2年生)(2016年度)

男女とも最多回答は進学。男子は66.5%、女子は78.7%。次いで就職が男子25.8%、女子15.9%。男子よりも女子の方が進学希望者が多く、12.2%ポイントの差が出ている。

アルバイト、家事手伝い、その他はいずれもごく少数で、それぞれ1%足らず。女子の家事手伝いの回答率が0.0%(回答者がゼロでは無いが計算上0.0%となる)なのを意外に思う人もいるかもしれない。また「決めていない」との回答率は男子6.0%、女子4.0%。高校2年の終わりの時点でまだ進路について、これだけの人が思い悩んでいる計算になる。

これを経年変化で見たのが次のグラフ。

↑ 卒業後の進路としてどれを希望するか(択一、高校2年生)
↑ 卒業後の進路としてどれを希望するか(択一、高校2年生)

男子は上下にぶれながら大きな変化は無いものの、女子は確実に進学希望率が増えているのが分かる。また女子は調査時点で「決めていない」の回答率も漸減しているのが特徴的。進路に関して固い意志を有する女子が増えてきた、と解釈するのがよいのだろう。

■関連記事:

3/4の親は「大学卒業まで子供を金銭支援」、備えは毎月2万2000円

高校中退者、その後の進路で苦労したのは「適切な情報取得手段が分からない」「仕事が無い」「仕事の自信が持てない」

※青少年の体験活動等に関する実態調査

直近年度分は2017年2月から3月にかけて各学校(小学校は1年生から6年生まで各100校ずつ、中学校は2年生対象に150校、高等学校は2年生対象に150校)への調査票発送・返信による回収方式で行われたもので、有効回答数は学校数が879校、子供の回収数が18316件、保護者が15769件。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。