子供達の視力の現状をさぐる

↑ ごく普通に眼鏡をかけている子供を見かけるようになったが…(ペイレスイメージズ/アフロ)

・視力1.0以上の人は幼稚園で75.52%、小学校で67.55%、中学校で43.67%、高校で37.71%。

・男女別では小学校以上で女性の方が視力は低下する。

・小学校では約1割、中学校では約1/4、高校では約1/3が眼鏡やコンタクトレンズをしている。

学校の種類や年齢別で視力の確認

以前と比べると子供でも眼鏡をかけている人は多くなったように見受けられる。子供の視力はどのような状況なのだろうか。、文部科学省が2017年12月に発表した「学校保健統計調査」の内容から確認していく。

まずは直近となる2017年度における学校種類別・年齢別の裸眼視力状況。裸眼とは眼鏡などの視力矯正の道具を用いずに直接目で見た時のこと。眼鏡をかけていない人はそのまま、眼鏡をかけている人も外した状態での視力となる。

↑ 裸眼視力(2017年度)
↑ 裸眼視力(2017年度)
↑ 裸眼視力(2017年度)(年齢階層別)
↑ 裸眼視力(2017年度)(年齢階層別)

全般的には年が上になるほど視力は低下する。0.7を切ると眼鏡などの視力矯正が必要とされるが、小学校では2割強、中学校では4割強、高校では半数ほどが該当する。年齢階層別に見ても学校種類別で急に上昇するような、バウンド的な動きは無く、ほぼ均等に上昇を示している。

ただし特異な動きもある。5歳から6歳にかけて、一時的に視力がよくなる動き(1.0以上の割合が増加する)に関しては、特段の理由が見つからない。幼稚園から小学校に上がれば読み書きなどの機会は増加し、むしろ視力は悪くなるイメージもあるが、実際には逆。ただし0.3未満、0.3~0.7未満の値は確実に増加している。幼稚園における計測方法に、何らかの問題があるのかもしれない。

男女別に見ると、幼稚園時点ではほぼ同じだが、小学校以上になると確実に女性の方が視力は低下する。

↑ 裸眼視力(2017年度)(学校種類・男女別)
↑ 裸眼視力(2017年度)(学校種類・男女別)

成長期には男性よりも女性の方が早熟であることはよく知られているが、それが一因なのかもしれない。あるいはライフスタイル、特にプライベートでの時間における目の使い方の差異が、そのまま視力に現れたのだろうか。

眼鏡やコンタクトレンズを使っている子供達はどれぐらいか

視力が0.7を切ると眼鏡やコンタクトレンズを用い、視力の矯正をすることが望まれる。しかしながらそれに該当した人すべてが使っているわけでは無い。次に示すのは視力矯正者、つまり眼鏡やコンタクトレンズで自分の視力を矯正している人の割合である。

↑ 視力矯正者率(2017年度)
↑ 視力矯正者率(2017年度)
↑ 視力矯正者率(2017年度)(年齢階層別)
↑ 視力矯正者率(2017年度)(年齢階層別)

視力の低い人の割合とほぼ同様に、低年齢ほど低率、年とともに該当者は増えていく。学校種類とともに急激に増えていくわけでは無く、年齢によって少しずつ増加していく。また男性よりも女性の方が多い、中学校以降は男女差が大きく出るようになるのも、視力の低下状況と同じ。

なお視力矯正の方法は大きく分けて眼鏡をかけるか、コンタクトレンズをつけるかとなるが、両方を使い分けている人も多々いるため、一概に比較はできないものの、学校でのコンタクトレンズの使用状況は日本眼科医会の最新調査結果(2015年度分)によると、小学校0.2%、中学校8.0%、高校27.0%。あくまでも概算だが、小中学校では視力矯正者のうちコンタクトレンズ使用者は少数で、高校になると過半数が利用者(でもある)となる。

視力の低さから明らかに視力矯正が必要だと思われるにも関わらず、していない人も一定率が確認できる。

↑ 視力非矯正者のうち裸眼視力が0.3未満の者率(2017年度)(対全体比)
↑ 視力非矯正者のうち裸眼視力が0.3未満の者率(2017年度)(対全体比)

例えば高校では全体の7%強が、裸眼視力が0.3に満たず、明らかに眼鏡などをかけた方がよいにも関わらず、着用していない計算になる。

視力が低いのには単に目が悪いだけでなく、他の疾患の可能性もある。いずれにせよ、そのままでは物が見えにくいのはもちろん、物事の理解に難儀したり、心境的に飽きっぽくなるなどの弊害の元となる可能性も否定できない。面倒くさがらずに精密な検査を受けた上で、適切な視力の矯正を願いたいものだ。

■関連記事:

眼鏡もコンタクトレンズも使わない人は3割足らず

子供達の視力の推移をグラフ化してみる

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。