出生率や死亡率の移り変わりの実情をさぐる

↑ 子供の出生率は日本ではどのような変化を示しているのか(ペイレスイメージズ/アフロ)

スペイン風邪の恐ろしさがあらためて分かる死亡数・死亡率

経済の良さや公衆衛生、医療技術の進歩を推し量る物差しの一つとなるのが、子供の出生率や社会全体の死亡率。日本での100年以上に渡る実情を、厚生労働省が定期的に調査・結果の発表を行っている人口動態統計の公開値をもとに確認する。

「出生数」「死亡数」はそれぞれその年に生まれた・亡くなった人の数を表す。死因・年齢は特定しない。また比率は「%」表記がなければ、基本的に人口1000人比となる。

最初のグラフは死亡数・死亡率の推移。これを1899年以降継続して直近分となる2016年分まで、そして戦後に限って再構築したもの、計2つを生成した。

↑ 死亡数・死亡率の推移(~2016年)
↑ 死亡数・死亡率の推移(~2016年)
↑ 死亡数・死亡率の推移(戦後限定)(~2016年)
↑ 死亡数・死亡率の推移(戦後限定)(~2016年)

1918年からしばらく間流行したスペイン風邪(インフルエンザ)が、体力に劣る新生児・乳児の命を多数奪った。さらにそれだけでなく、乳児より歳上の幼児・子供、そして大人にも大きな刃(やいば)を振るっている。グラフ上でもこの時期に大きく値が跳ねたことが確認できる。

また新生児・乳児ほどではないものの、全体としても死亡率・死亡数は20世紀初頭まで高止まり。そしてその後は確実にリスクの軽減を果たし、1960年~1970年の高度成長期を経て、一定水準の低さにまで到達。乳児・新生児と異なるのはここからで、1970年代以降はむしろ率・数共にゆるやかな上昇傾向にある。

これは技術が退化した、あるいは環境が悪化したのでは無く、全人口に占める高齢者比率が増加しているのが原因。高齢者の方が亡くなる可能性は高いため、高齢層の比率が高まれば、当然全体の死亡率も上昇していく。

なお直近年となる2016年においては、死亡者数は130万7748人、対人口1000人比の死亡率は10.5となる。

減っていく出生率

一方、出生数・出生率はある程度の上下変動を経ながら、全般的には減少傾向にある。

↑ 出生数・出生率の推移(~2016年)
↑ 出生数・出生率の推移(~2016年)
↑ 出生数・出生率の推移(戦後限定)(~2016年)
↑ 出生数・出生率の推移(戦後限定)(~2016年)

戦前は概して高い出生率を見せていたが、新生児・乳児の死亡率も高く、また上記にあるように大人の死亡率も高かった。戦後に入ると出生数・率は急激な減少カーブを示すが、いわゆる「ベビーブーム期」にはやや上昇、そしてその過程で「ひのえうま」(丙午に生まれた女性は男性以上に強い性質を持つとの迷信から、子供が忌み嫌われるのを恐れ、親が出産をためらう動きがあった)によるイレギュラー的な減少も確認できる。

出生率の低下については諸般事情、説があるが、一般的にはいわゆる「先進国病」が大きな要因とされている。倫理観の成熟と社会制度の整備により、子供一人あたりの養育コストが積み増しされることで、世帯が養え得る子供の数が減り、それに伴い出産数も抑えられるとするものである。さらに結婚や世帯構成に対する価値観の変化も、小さからぬ原因とされている。そして死亡率、特に新生児・乳児の死亡率の低下もまた、出生率の低下の一因には違いない。

なお直近年となる2016年においては、出生数は97万6978人、対人口1000人比の出生率は7.8となる。

死亡率のゆるやかな増加は、年齢階層別構成比の変化を考慮すれば、社会現象として是認せざるを得ない。一方、平均寿命が延びていることからも分かる通り、死亡リスクそのものは確実に減少を続けている。

今件データは新生児・乳児の死亡率や、年齢階層別構成比の変移、さらには婚姻率などと合わせ見れば、新たな発見を見出せ、日本の人口推移の大まかな把握に役立つに違いない。日本の近世の動向を知る上でも、確認しておくことをお勧めする。

■関連記事:

全国勢調査「100年分」の子供・成人・老人比率推移をグラフ化してみる

乳児・新生児の死亡率変移をグラフ化してみる(1899年以降版)

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。