東京五輪のゴルフは、大変なことになりつつある。

本日25日付けで、米国男子代表選手のブラインソン・デシャンボーが日本へ向かう前の最終のPCR検査で陽性判定を受け、五輪出場ができなくなり、代わりにパトリック・リードの出場が決まったばかりだが、続いて、スペイン代表のジョン・ラームも陽性判定を受け、欠場することが伝えられた。

IGF(インターナショナル・ゴルフ・フェデレーション)の五輪選手の補欠に関わる取り決めによれば、リザーブ・リストに基づいて、ラームに続く選手が補欠の1番として、ラームに代わって出場するとされている。

しかし、スペインの五輪委員会によると、ラームに代わってスペイン代表として戦う選手を見つけるための十分な準備と時間が得られなければ、スペインの男子代表はアドリ・アルナウス選手の1名のみになると語っている。

ラームは、今年6月の米ツアー大会、メモリアル・トーナメントの3日目を2位に6打差の単独首位で終えながら、その直後に陽性判定が伝えられ、泣く泣く棄権し、10日間の隔離生活を送った。

その隔離が終わり、陰性判定を得たラームは、ぎりぎりセーフで全米オープンに滑り込み、そして大会を見事に制覇し、メジャー初優勝を挙げたばかりだ。

陽性判定と棄権を告げられたときは、一瞬、頭を抱えて嘆いたものの、「何かいいことが起こりそうだ。これはハッピーエンドのストーリーなんだ」と思い直し、いいことの予感を得たのだと語っていた。

全米オープン制覇後は、かつて一度は座したことがあった世界ナンバー1の王座にも返り咲き、予感通り、「いいこと」ばかりが起こっていた。

東京五輪に関しては、選手に義務付けられる感染防止対策の厳しさに早々に触れるコメントを出したりもしていたが、その一方で「東京五輪には是非とも出たい」と、かねてから意欲を見せていた。

それだけに、現在の世界ナンバー1、メジャー・チャンピオンになったばかりのラームのコロナ陽性と欠場は、とても残念であり、デシャンボー、ラーム、2人のビッグスターの欠場が続けざまに伝えられたことに、ゴルフファンにとっても関係者にとっても、とてもショッキングだ。