「デシャンボー化」がトレンドになる!?

肉体改造とスイング改造で飛距離アップに挑んでいるホフマン(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ブライソン・デシャンボーが全米オープンを制したことは、想像以上に米ツアー選手たちに刺激や影響を与えている様子だ。今週のサンダーソン・ファームズ選手権は4人の選手たちが首位タイで発進したのだが、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2020年10月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事10本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(毎週月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(毎週日曜、朝7時30分から7時45分)で放送。YouTubeチャンネル「園子の花道」を配信。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    2020年に「最も平均に近い防御率」を記録したのは、最多勝投手の一人!?宇根夏樹11/30(月) 7:00
  2. 2
    フェニックス・リーグ 阪神タイガースの出場全選手成績岡本育子11/30(月) 13:30
  3. 3
    ヤクルトの新外国人は「オスナ」か「オスーナ」か。バレンティンは実は「ウラディミール」ではない?菊田康彦11/30(月) 8:00
  4. 4
    悔いを残さず「最後までバレーを楽しんで」。“黒後世代”の全日本インカレ、いよいよ開幕田中夕子11/30(月) 12:45
  5. 5
    12/3、日本ミニマム級タイトル王座決定戦に出場する谷口将隆林壮一11/30(月) 0:01
  6. 6
    中谷正義との重要な一戦にどう臨む? フェリックス・ベルデホ独占インタビュー杉浦大介11/30(月) 11:30
  7. 7
    厳選!今季のなでしこリーグを彩った17のスーパーゴールをダイジェスト動画と共に振り返る松原渓11/28(土) 8:00
  8. 8
    アーモンドアイ、ジャパンカップを制し引退へ 2025年に初仔と新たな夢がみれるか花岡貴子11/30(月) 5:16
  9. 9
    2020年の「最も平均的な打者」は…。パ・リーグには打率も出塁率も長打率も平均と1ポイント差の打者宇根夏樹11/28(土) 11:35
  10. 10
    東京ヤクルトに入団するサイ・スニードは、サイ・ヤング賞投手ではないけれど…宇根夏樹11/28(土) 16:06