ついに強硬姿勢!欧州ツアーが打ち出したスロープレー取り締まり「4つの新システム」

革新的な施策を次々打ち出す欧州ツアーがスロープレー新施策を打ち出した(写真:ロイター/アフロ)

 プロゴルフ界で蔓延するスロープレーに対し、ついに欧州ツアーが強い動きを見せ始めた。これは、8月11日にスロープレー取り締まりに対する異例の声明を出した米ツアーの動きに続くもの。だが、欧州ツアーの姿勢は、米ツアーのそれをはるかに上回る強硬で緻密な内容だ。

【米ツアーの最新の動き】

 プレーペースの問題は世界のゴルフ界の長年の懸案事項になっている。だが、有効な解決策はなかなか見つからず、なかなか講じられず、選手も関係者もゴルフファンも、いわばゴルフ界全体が辟易していると言っても過言ではない。

 つい先日も米ツアーのシーズンエンドのプレーオフ第1戦、ザ・ノーザントラストで、1ショットに3分以上、1パットに2分以上の時間をかけた米国人選手、ブライソン・デシャンボーのスロープレーぶりに多数の選手たちから批判が噴出し、大騒動が起こったばかりだ。

 

 「スロープレー常連」と呼ばれるデシャンボーを「世界ナンバー1プレーヤー」のブルックス・ケプカをはじめとするトッププレーヤーたちが次々に激しく批判し、挙げ句の果てにはデシャンボー自身が「持論」を展開して応酬するという大バトルへ発展。

 その事態を重く見た米ツアーは、同大会最終日に異例の声明を出した。そして、これまでは「アウト・オブ・ポジション」になってから警告を出し、「オン・ザ・クロック(計測)」としていたが、今後は、米ツアーが誇るショットリンクのテクノロジーを活用し、あらかじめ各選手の全ショット、全パットの所要時間を計測、その平均値をリスト化する方向で検討していくことを発表した。

「それが、スロープレー改善のカギになる」と米ツアー・チーフ・オペレーションのタイラー・デニスは胸を張っていた。

【欧州ツアーの最新の動き】

 しかし、実を言えば、米ツアーのスロープレーに対する取り締まり姿勢は、「そもそも甘すぎる」と言われて久しい。前述の声明は「出しただけでも進歩」と言えるほどで、「検討していく」が具体的に実現、実施に辿り着くかどうかには、クエスチョンマークが付けられたままと言わざるを得ない。

 そんな米ツアーの姿勢に業を煮やしたのかもしれない。欧州ツアーの大会自体、プレーペースが一向に改善されないという苛立ちも手伝ったのだと思われる。欧州ツアーはスロープレーを取り締まるための独自の「4つの新システム」を考案。8月19日付けで発表し、2020年からの導入、施行を予定しているという。

 「レギュレーション」「エデュケーション」「イノベーション」「フィールド・サイズ」という4つのカテゴリーに分け、多角的・多面的に、そしてシステマティックに、スロープレー改善を目指す内容は画期的と言っていい。

【4つの新システム】

1、レギュレーション(Regulation=規則)

 新システムでは「アウト・オブ・ポジション」あるいは「計測により制限時間の40秒を2度オーバー」したら、その時点で即座に1罰打が科されることになる。

 現行システムでは、アウト・オブ・ポジションになった後、警告を受け、オン・ザ・クロック(計測)になり、そして制限時間の40秒を2度オーバーしたら1罰打だが、これでは「1ペナまでの道が長すぎる」という指摘を踏まえ、新システムでは「警告&計測」というステップを省き、あらかじめ計測することになった。

2、エデュケーション(Education=教育)

 ペース・オブ・プレーに関する知識と理解を高めてもらうため、欧州ツアーの新メンバーになる際は、スロープレーに対する決まりや罰則を含めたルールの講義をオンライン上で受けることが義務づけられる。現在すでにメンバーになっている選手たちにも順次受講が義務付けられ、全メンバーに3年毎の更新授業が義務付けられる。

3、イノベーション(Innovation=革新)

 アウト・オブ・ポジションになっていないかどうか、プレーヤーに自身の立ち位置を常に把握してもらうため、各ホールのティグラウンドに、前の組との間隔を示すディスプレイ・ボードを設置する。さっそく今年9月のBMW・PGAチャンピオンシップで試験的に導入する予定だ。

4、フィールド・サイズ(Field sizes=出場人数)

 欧州ツアーのフル・フィールド大会の出場人数を現行の156人から144人へ縮小し、プレー進行のスピードアップを図る。決勝2日間は各組のティタイムのインターバルを広げ、スムーズな進行を図る。

 欧州ツアーのキース・ペリー会長は今年始めごろ、「2019年は1ラウンドの所要時間を15分短縮する」と意気込んでいたが、実際は、いまなお5時間以上を擁したラウンドが数回あり、事態はあまり改善されていない。

 来季、この「4つの新システム」がどこまで効果を発揮するのか。米ツアーや世界のゴルフ界のロールモデルとなってくれるかどうか。

 2020年がスロープレー大幅改善の年になることを祈りたい。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    WBA/IBFスーパーウエルター級新チャンピオン誕生 林壮一1/20(月) 0:01
  2. 2
    配球チャートや投手の映像の分析を間違っていないか【落合博満の視点vol.10】 横尾弘一1/20(月) 0:30
  3. 3
    ワイルダーvsフューリー再戦に不穏な予感…。「英国誌のフューリー勝利」予想を紐解く 三浦勝夫1/20(月) 10:03
  4. 4
    「金メダル!」に重みなし。五輪男子サッカー。優先権が海外組より国内組にある本来の理由 杉山茂樹1/20(月) 17:40
  5. 5
    【今年達成されそうな記録/投手編】藤川球児は250セーブと800登板へ。どちらも達成すると史上2人目 宇根夏樹1/20(月) 10:56
  6. 6
    今年こそ1軍の舞台へ―片山雄哉(阪神タイガース)がルーキーイヤーにつかんだもの 土井麻由実1/20(月) 11:30
  7. 7
    38歳トンプソン ルーク日本最後の試合。「言葉にならない」言葉とは。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/20(月) 6:00
  8. 8
    さて問題です。メジャーリーグ球場が人工芝の手入れに使う市販の生活用品は何でしょうか? 谷口輝世子1/20(月) 11:57
  9. 9
    ジーターの殿堂入りは間違いないが、それを祝福しない殿堂選手もいる!? 宇根夏樹1/19(日) 16:36
  10. 10
    物理マニアのバウアーも信奉、米で話題の本『The MVP Machine』で知る科学的育成 豊浦彰太郎1/20(月) 8:00