ツアー選手権2日目、ウッズ首位、松山10位を眺めつつ、、

このコースはボギーを叩かないことが大事だとウッズ。そして松山はノーボギーだった(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

プレーオフ最終戦、ツアー選手権の舞台であるイーストレイクは、数年前から従来のフロント9とバック9が入れ替えられている。つまり、昔からの1番が今は10番、昔からの10番が今は1番になっているのだが、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年9月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事7本)

2018年9月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

  1. 1
    「負け犬の反乱」を支えた“日本サッカーの神童”…「悪魔の才能」と呼ばれる男とは? 慎武宏12/13(木) 7:06
  2. 2
    2018 高校野球10大ニュース その7 最高打率、30年ぶり更新もあまり目立たず…… 楊順行12/13(木) 0:01
  3. 3
    【新体操】新メンバー加入で総勢14人になったフェアリージャパンPOLAが迎える2020への正念場 椎名桂子12/13(木) 13:04
  4. 4
    アルゼンチン人コーチが語る「南米王者リバー・プレートは、今回、レアル・マドリードに勝てる!」 林壮一12/13(木) 0:01
  5. 5
    『うつ病とサッカー イニエスタの場合』。名声も富もアスリートの強靭さも「鬱」を防げなかった 木村浩嗣12/12(水) 12:00
  6. 6
    サントリー延長Vランの松島幸太朗、神戸製鋼には「潰しに行く気持ちで」。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也12/13(木) 6:00
  7. 7
    クルーザー級の“比類なき”王者ウシクのジョシュア挑戦は実現するのか? 三浦勝夫12/13(木) 20:20
  8. 8
    高校時代に甲子園で果たせなかった日本一へ!  関学大アメフト・小田選手 森本栄浩12/13(木) 16:55
  9. 9
    マリオカートモードも導入!電気自動車レース「フォーミュラE」のシーズン5はこれだけ変わる。 辻野ヒロシ12/13(木) 18:16
  10. 10
    大谷とプーホルスにボーアが加わり、ポジションはDHと一塁の2つ。起用はどうなる? 宇根夏樹12/13(木) 18:54