全米プロ残るは決勝2日間。これから、どうなる?松山英樹が挑む難関

会見で海外メディアからは「メジャーで勝ったら」の質問が続出した(写真/舩越園子)

全米プロ2日目を首位タイで終えた松山英樹。ホールアウト後は日本や欧米のテレビのインタビュー、次は会見、それが終わると今度は日本メディアの囲み取材。そのときの松山から伝わってきたものは、、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2017年8月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事6本)

2017年8月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    オールスターのスタメン発表。2つの史上初を生んだのは、そこに名前のない捕手だった 宇根夏樹7/17(火) 15:13
  2. 2
    MLB本塁打競争 「3年間打撃練習でスタンドインなし」の長距離砲フリーマンの健闘 豊浦彰太郎7/17(火) 12:15
  3. 3
    W杯決勝のVARは誤審だった? グリーズマンのダイブ。ペリシッチのハンド… 清水英斗7/16(月) 19:10
  4. 4
    ロシアW杯最終日。フランス優勝に見る、コンペティションとしての、ショーとしてのサッカーの限界 木村浩嗣7/16(月) 20:31
  5. 5
    ロシアW杯の記憶 U-19日本代表が胸に刻んだこと。久保建英、安部裕葵、荻原拓也、橋岡大樹、郷家友太 矢内由美子7/17(火) 6:00
  6. 6
    オールスターの先発投手を決めるのに、今年は両監督とも悩まなかった。それを助けたのは成績以外の要因 宇根夏樹7/17(火) 18:15
  7. 7
    清真学園、7回コールドも水戸商を苦しめる――100回記念大会・茨城 川端康生7/17(火) 1:40
  8. 8
    作新学院、8連覇へ盤石の勝ち上がり――100回記念大会・栃木 川端康生7/16(月) 23:33
  9. 9
    見応えある熱戦。多賀の粘りが霞ヶ浦を追いつめた――100回記念大会・茨城 川端康生7/17(火) 21:38
  10. 10
    まさかの波乱! 大阪桐蔭 姿消す! 森本栄浩2017/8/20(日) 13:21