松山英樹2連覇の陰で2連敗したリッキー・ファウラーの勝利への想い

昨年は惜敗、今年5位だったファウラーを父親が静かに見守っていた(写真/舩越園子)

先週のフェニックスオープンは開幕前から松山英樹で沸いていた。その盛り上がりぶりを静かに見守る人物がいた。昨年大会で松山とのプレーオフに敗れ、悔し涙を流したリッキー・ファウラーの父親、ロッドだった。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2017年2月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事8本)

2017年2月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    38歳の”おじいちゃんロック”、日本代表引退「メチャ楽しかった」 松瀬学10/22(火) 10:36
  2. 2
    0勝2敗からの日本シリーズ優勝は過去9度。今年の両監督はそれを2度ずつ経験している 宇根夏樹10/22(火) 0:01
  3. 3
    イデオロギーとしての沢村賞はどこへ行く?「時代をリードする先発投手像の提唱を」 豊浦彰太郎10/22(火) 15:50
  4. 4
    日本でタイガー・ウッズを迎え入れ、スキンズマッチが開催されたことの意義 舩越園子10/22(火) 16:18
  5. 5
    203センチのシューター橋本晃佑 宇都宮の窮地に示した成長と代表への期待 大島和人10/22(火) 18:38
  6. 6
    【新体操】2019JAPANを締めくくるエキシビションで藤岡里沙乃と大岩千未来に注がれた喝采の意味 椎名桂子10/21(月) 12:35
  7. 7
    男子セブンズのエンドレス・ジャーニー 松瀬学2016/8/15(月) 9:27
  8. 8
    韓国でラグビーW杯日本代表・具智元の活躍はなぜ報じられないのか。韓国記者が語った衝撃の理由 金明昱10/13(日) 8:27
  9. 9
    静岡大・奥山皓太。時給900円のアルバイトをしていた国立大生が阪神にドラフト指名されるまで 高木遊10/18(金) 10:40
  10. 10
    ホークス一筋15年の江川「やりきった」。現役引退を示唆 田尻耕太郎10/21(月) 11:53