献血にいくと5,000円は儲かる:健康の「売れる仕組み」をつくるために

(写真:アフロ)

9月24日、徳島県徳島市で、献血を呼びかけるイベントが行われた。若者に献血をしてもらおうと、四国大書道クラブの女子部員3人が、縦3メートル、横4メートルもの大きな紙に、「献血へGO」などとメッセージを書いたという。面白い取り組みである。我が皇學館大学も負けてはいられない。

思えば献血ルームの前を通ると、いつも大きな声で職員が献血を呼びかけていた。筆者は若い頃から用がなければ外に出ないタチだったので、外出時はいつも忙しく、献血のために1時間を費やす時間がなかった。いや、実際にはそのくらいの時間は献血のために使ってもいいのだが、その場を過ぎ去ると、献血のことはすぐに忘れてしまうのである。

いまの若者の多くもまた、そんな感じだろう。献血はよいことだからいずれ行ってみようかと思っても、その「いずれ」はいつ来るかわからない。それほど献血というものは、身近なものではなくなってしまった。血を採られるのは危ないことなのではないか。何のメリットがあるのか。それに行こうが行くまいが、自分たちにとっては何の影響もない。率先して行うことではないのである。

赤十字は、献血を呼びかけるための様々なイベントを行っている。なかには興味をそそられるイベントもある(吸血鬼キャラでないところに赤十字の限界を感じる)。しかし多くのPRがそうであるように、たんに奇抜なことを行って注意を引くだけのものや、一時的な効果に留まるに過ぎないものが多いように感じる。それではいつまで経っても、血は足りないままである。

これではいけない。彼らに貢献してみたい。そういうわけで、どうしたら若者が献血に行くようになるのかを考えてみた。献血をする人にとって、献血はどのような価値があるのだろうか。

人は自分にとって意味がなければ行動しない

じつは筆者は、昨年のクリスマスの日に人生初の献血をした。「あのお方」の生誕された日に我が身の血を献げるという行為に、秘かな魅力を見出したからである。もちろんその夜は「7つの顔をもつ鳥」の肉をわしづかみにして喰らった。絶対に自分のほうが誰よりも今日という日を愉快に過ごしている自信があった。まさにメリークリスマスである。独身男の風習として流行らせたいと思っている。

冗談はさておき、人が何か行動を起こすのは、自分にとって意味があるからである。献血も同じである。いくら献血お願いします、血が足りませんと叫ばれても、ああそうなんですかと思われてしまう。職員の努力の甲斐はないのである。ゆえに若者にとっては、せいぜいのところ献血ルームは、待ち合わせの前に無料で暇つぶしができ、おいしいアイスやお菓子が振る舞われ、しかも場所によってはなんと各種ジュースが飲み放題の快適な場所として認識されるだけである(書いていて魅力的な場所に思えてきたが)。

ようするに、献血をお願いする前に、ターゲット顧客である「若者」の理解から始めなければならない。彼らはなぜ献血に行かないのか。何に意味を見出せば、行動するようになるのか。

若者にとって献血は「眼中にない」

最初に上げた記事で書かれているように、人口減少にともなって献血する人が減っている。とりわけ10~30代が減っているという。しかし実はこの主な理由は、人口減少にあるのではない。若者の献血率の低下のほうが問題である。

かつては全血献血の採血量は200mlだけであり、16歳の誕生日を超えた人はいずれも献血することができた。よって、高校に献血バスが配車されることで、効率的に血を集めることができたのである。しかし1986年、筆者が5歳の頃に、輸血の効果と安全性を高めるために全血献血に400mlが加えられるようになると、400mlの献血のほうが圧倒的に求められるようになる。当時400ml献血は、男女とも18歳以上でないと行うことができなかった(現在は男性のみ17歳以上)。そのため高校に献血バスを配車することはあまり意味がなくなった。また、高校の現場での全教系教員による集団献血反対の動きも相まって、高校から献血バスは徐々に姿を消すようになった。血を集めることに目を向けすぎたせいで、若者に献血の意味を啓発する機会を失ってしまったのである。

それゆえ若者にとって献血は、よくわからないし、慣れていないし、「何となく」という曖昧な理由によって敬遠されがちなものとなってしまった。厚労省の調査(3つまで回答、累計)では、献血をしたことがない理由は「針を刺すのが痛くて嫌だから」が27.7%、「何となく不安だから」が25.9%、「恐怖心」が22.4%である。後には「時間がかかりそうだから」が続く(20.1%)。理由が「わからない」人までいる始末である(24.5%)。針は健康診断で毎年刺されているし、昔から行われてきた献血という行為に不安や恐怖心を抱くというのは、異常である。

献血に行かないのは若者に問題があるのではない。それをとりまく環境に問題があるのである。若者にとって献血は身近ではない。献血をする意味も価値もよくわからないままなのである。

PRというのは意味づけを促す行為である

もしもイベント等でPRしたければ、若者にとって何の意味があるのか、どのような価値があるのかを伝えることを目的にしなければならない。

はっきりいって赤十字はマーケティングが下手である。マーケティングとは、売れるしくみをつくることである。PRはそのうちにあって、売るものの価値を買う人の要求や欲求に意味づけることである。マーケティングによって、献血ルームの現場で汗を流し、報われない努力をしている人をできる限りなくさなければならない。売り込むのではなく、売れるようにしなければならないのである。

だから結局、売りたいもの=献血の本質的価値を、若者にいかに知らしめるかを考えることから始めなければならない。

ところで赤十字は何を目指す機関か。つまり何を売りにしたい機関か。日本赤十字社の使命は「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ること」である。つまり人間を救うのが彼らのミッションである。ゆえに人間は健康的でなければならない。苦しみは取り除かなければならない。

素晴らしい大義である。筆者は自分がダメなだけに、こういうことを言って実行に移す人たちが好きである。そうであれば、献血においてもその中心的価値は「いのちと健康、尊厳」であるべきだろう。

これを若者にも適用することにしよう。我が国の多くの若者はいのちと尊厳は脅かされていないから、売りものは「健康」である。赤十字には若者の健康を守って頂きたい。

献血を若者の「眼中」に入れる

ここで終わってしまえば、赤十字は大義と実際が乖離した組織となってしまう恐れがある。それでは詐欺師である。大義は具体化しなければいけない。目的は目標として落とし込まなければいけない。

若者に「健康」を売りたければ、なぜ献血をすることが健康につながるのか、健康であるとはどういうことなのかを明確に伝えなければならない。わかりやすいのは数字を示すことである。若者が興味のある数字は、お金である。若者はお金がないのである。売血や、図書券を渡すといったことはできない。しかし、健康であることがお金に換算されるといくらになるかを示すことはできよう。そこには大義がある。若者の健康を守るという、誰が聞いても納得のいく大義が、そこには存在するのである。そうであれば、健康の維持のためのコストや、不健康のために発生する医療費を換算するといくらになるかを示すことが、ここでの有効な手段となる。

いうまでもなく、献血において「健康」を訴求する唯一の方法は、血液検査にある。ずいぶんとたくさんの項目を、献血では検査してくれる。これらの項目を病院で検査するとなると、保険が適用されてもだいたい5000円ほどは費用がかかるようである。会社員であれば会社の健康診断で費用を負担してくれるが、自営業であればそうはいかない。ゆえに考えようによっては、献血を一回1時間行うことで、少なくとも5000円儲かるのである。これを年間2回も行えるのだから(男性は3回)、年に1万円も儲かることになる。

また、お金がかかるとなると足が遠のくが、タダであれば行きたいと思うのが人間の性である。これまで検査を行っていなかった人も、検査を行うようになるだろう。そしてここで重要なのは、血液検査の結果、何らかの異常が見つかることである。ここにおいて不健康のコスト、医療費が明らかになる。検査を行っている人とそうでない人の間で、病気が見つかったあとの医療費にどれほどの差があるのかを明確にすることで、たかだか年に1万円という金額を超えたメリットがあることが判明するだろう。不思議なことに、これを明らかにする有意なデータは見つからない。そうであれば赤十字社は、「いのちと健康」を守るという使命のためにも、検査によっていかなる効果があるのか、医療費はいくらにのぼるのかを明らかにするための調査研究を行ったほうがよかろう。

最後に、健康のためには検査結果の後の行動が最も重要である。もし可能であれば、献血の血液検査の結果を赤十字病院に持っていけば、初診料分の診察料を割引にするなどの特典を設けられないだろうか。また、年2回の定期的な献血を行っている人には、人間ドックの割引を設けてはどうだろうか。そうすれば献血を行っている人はみな、診察や人間ドックを赤十字病院で行うことになるだろう。企業に働きかけてもよいかもしれない。企業は献血者に何らかの優遇措置を行うようになるだろう。いずれも事業拡大の機会にもなるし、病気の早期発見に寄与することができる。それを赤十字がやるのだ。目的は健康の維持と拡大である。さすればこれにて、ミッション・コンプリートである。

できない理由は様々にあるだろう。しかしできない理由を語っても仕方ない。重要なのは使命である。その崇高な使命を実現するためには試行錯誤しなければならない。それが事業を行う人間における誠実な態度というものである。

善意のみでは若者は献血に行かない。世の中には善意を発揮する機会はいくらでもある。善意のリターンを明確にし、それを訴求することしか、献血を促す方法はないのである。献血を増やすために有効な方法は、第一に赤十字の使命の追求、およびその実現に向けた調査研究、そしてPRを含むマーケティングである。