AK-47設計者カラシニコフ氏の像にナチス・ドイツの銃が彫られていた騒動

除幕式の様子(写真:ロイター/アフロ)

ソ連・ロシアの著名な銃器設計者で、高い信頼性から第二次大戦後の様々な戦争で使われている自動小銃AK-47を設計した、ミハイル・カラシニコフ氏(1919~2013)の像がモスクワ市内に設置され、除幕式が開かれました。

カラシニコフ氏の像(筆者撮影)
カラシニコフ氏の像(筆者撮影)

モスクワで19日、旧ソ連の銃器設計者で、カラシニコフ自動小銃AK‐47を設計したミハイル・カラシニコフ氏の銅像が公開された。

出典:モスクワでカラシニコフ氏の銅像公開、自動小銃AK‐47を設計

第二次大戦でカラシニコフ氏は、1941年に戦車長として従軍中に負傷し、他の負傷者と共にトラックで後送されました。その途中、ドイツ軍に占領されたと思しき村にカラシニコフ氏は同僚2人で偵察に出てトラックに戻ってくると、ドイツ軍の連発可能な自動銃によってトラックに残っていた全員が射殺されていました。この経験で「こちらに自動銃があれば」と思ったカラシニコフ氏は、自動銃の開発を始めたと言われています。

このようにナチス・ドイツに対抗することを動機としたカラシニコフ氏の自動銃開発でしたが、今回設置された像には重大な問題がありました。

【AFP=時事】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で22日、世界各地で広く使用されている自動小銃「AK47」の設計者、ロシア人の故ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)氏の除幕されたばかりの像から、ナチス・ドイツ(Nazi)の銃を描写したものと確認された部分が取り除かれた。

出典:カラシニコフ氏の像にナチス・ドイツの突撃銃、彫刻家ミス認める

よりにもよって、カラシニコフ氏の像にナチス・ドイツの突撃銃StG44(MP43、MP44とも呼ばれました)が彫られていたことが発覚しました。これにより、急遽StG44のある部分は削られることになります。

StG44は現在の自動小銃のルーツ的な存在で、後発で影響を受けていると思われるAK47と外見的に似ている点も多く、彫刻家がAK47と間違えて彫ってしまったものと思われます。

AK-47(上)とStG44(下)(パブリックドメイン画像より作成)
AK-47(上)とStG44(下)(パブリックドメイン画像より作成)

モスクワ市内にあるカラシニコフ像を確認したところ、問題のStG44が彫られていた箇所は、カラシニコフ氏の像そのものではなく、その背後にあるモニュメントの中のレリーフでした。

問題のあったレリーフ(馬の左下)(筆者撮影)
問題のあったレリーフ(馬の左下)(筆者撮影)

そこはグラインダーで削り取られていて、周囲には大量の削りカスが残っていました。

問題部分を削り取られたレリーフと削りカス(右下)(筆者撮影)
問題部分を削り取られたレリーフと削りカス(右下)(筆者撮影)
削り取られた痕(筆者撮影)
削り取られた痕(筆者撮影)

ナチス・ドイツへの対抗心からAK-47を生んだカラシニコフ氏でしたが、まさか死後に自分の作品としてナチス・ドイツの銃と共に銅像にされるとは思いもよらなかったかもしれません。