コロンビア撃破!PKで見せた香川真司の変わらぬ『強気』

2015年のPKと今回のPK。結果は違えど、信念は変わらなかった。(写真:ロイター/アフロ)

ロシアW杯の日本の開幕戦となったコロンビア戦。開始早々の3分に、日本代表の10番にいきなりのビッグチャンスがやって来た。

クリアボールに反応した10番・香川真司はDFラインの裏に出来たスペースを見逃さず、大きく縦パスを送り込んだ。

このボールを大迫勇也がDFダビンソン・サンチェスと競り合いながらもマイボールにしてゴールに迫り、GKとの1対1の場面を迎えた時、起点となった香川はこぼれ球が来ることを信じて走り出していた。

大迫のシュートはGKダビド・オスピナに阻まれるが、こぼれたボールが引き寄せられるように香川の足下に転がって来た。冷静に振り抜いた左足は正確に枠を捉えた結果、シュートブロックに入ったMFカルロス・サンチェスの手に当たり、ハンドを誘発。PKを獲得した。

このプレーで主審はサンチェスに一発レッドカード。ワールドカップ史上2番目に早い退場者が生まれ、騒然とする場内の中で、香川は「俺が蹴る」と言わんばかりにボールを持ち、ペナルティースポットに立った。

ペナルティースポットにボールを置き、鋭い眼光でまっすぐにゴールを見つめた。テレビ画面を通じてからも、彼が強烈な意志を持ってこのPKを蹴ろうとしているのが分かった。

そして、とてつもない緊張感が漂う中でのPKを、彼は冷静にGKの動きを読んでゴールに流し込んだ。ボールがゴールに吸い込まれるのを確認してから、香川はコーナーフラッグに向けて歓喜のダッシュ。大きなガッツポーズで喜びを爆発させた。

このPKを蹴る瞬間の彼の鬼気迫る表情を見たとき、筆者は過去に彼が放った『ある言葉』を思い出した。

それは今から3年前の2015年1月。オーストラリアで開催されたアジアカップの準々決勝のUAE戦。1−1のPK戦の6人目のキッカーとして登場した香川だったが、シュートは左ポストを直撃。結果、このキックの失敗により日本は準々決勝で姿を消すことになった。

この時、香川自身に大きな逆風が吹いていた。決定機を決められず、「代表では輝けない」と厳しい批判を浴びていた。この試合もそうでこの結果が出た後、Twitterやメディアからは「自信を失いかけている香川に蹴らせない方が良かった」、「弱気な香川に蹴らせたのが間違いだった」という厳しい意見が多く出るほどだった。

だが、この時の香川は世間とはまったく違うことを思っていたのだった。

それはアジアカップのあと、筆者がドイツに取材に行き、香川と1対1で話したときだった。このPKの話題を出し、本人に「こうネガティブな意見が出ていたけど、本当は何を思っていた?」と聞くと、彼はこう口を開いた。

「あれは…ね、悔しいシーンだったけど、何が悔しかったかと言うと、PKを外したことはもちろんチームに申し訳ないし、応援してくれたサポーターの皆さんにも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。でも、僕にとって一番ショックだったのはアギーレ監督(当時)がPK戦に入る直前に、PKの順番を5人目まで読み上げたとき、そこに僕の名前が入っていなかった。『まだ信頼されていないんだな』と感じたし、そういう風にしてしまった自分に腹が立ったんです。監督は『6人目以降は決めていない』と言ったので、僕が6人目を名乗り出た。結果、PKを外してしまったことは申し訳ない気持ちで一杯ですが…」。

この言葉を聞いて、彼の心の底にある気持ちの強さと、どんなときでも自分を見失わない強さを感じた。

「弱気な香川に蹴らせるべきではなかった」という厳しい言葉を数多く浴びていたが、彼は決して弱気ではなかった。むしろ6人目で登場したことは、彼の『強気』の現れだった。結果として涙を流し、ネガティブな印象になってしまったが、彼は決して後ろ向きだったわけではなかった。

「これを今、世間に言ったところでね、実際に外しているわけだから…。テレビとかで『香川に蹴らせるべきではなかった』と言われたのは、正直悔しかったけど、これからの自分の姿勢で示していくしかないと思った」。

自分を見失うこと無く、やるべきことをやり続ける。あの時、彼はさらに決意を固めたのだった。

もちろん、あれから彼にとって決して平坦ではない道は続いた。日本の10番として常に大きなプレッシャーを背負い、時には強烈な批判にさらされながらも、彼は一度も弱気になること無く、まっすぐに前を向き続けた。

だからこそ、3年後のロシアW杯の初戦で10番を背負ってピッチに立ち、日本のオープニングゴールを決めてみせた。70分に本田圭佑と交代を告げられたが、日本の10番はそれに相応しい大きな仕事をやってのけ、2−1の歴史的勝利に大きく貢献をした。

この活躍は決して偶然ではない。PKに対する弱気は彼の中には存在しなかったし、この3年間でもがき苦しみながらも、自分を見失うこと無く、前進を続けることが出来たからこそ導き出せたものだった。

アジアカップのPKの話を聞いた後、改めて彼に「自分は日本の10番を背負ったこともないし、どんな気持ちなのかは正直分からないほど、次元が違うことだと言うことは分かっている。でも、その上で改めて日本の10番を背負うということはどういう気持ちなのか聞きたい」と素直にぶつけてみた。すると彼はしばらく考えた後、ゆっくりとこう口を開いた。

「日本の10番はね…やっぱり重いよ。本当に重い。でも、それを背負える喜びがあるし、その重さに負けたら意味が無いんです」。

彼の背中にあるプレッシャーはずっと変わらない。2014年のブラジルW杯でも、2015年のアジアカップも、そして今回のロシアW杯もずっと。

想像を絶するほど、とてつもなく重いものを背負い続けているメンタリティー。調子が悪いときも、出番を失ったときも、自身への批判が膨らんだときも、そして怪我をしたときも、どんなに逆風が吹いても彼は屈することは一度もなかった。

改めて言いたい。彼のぶれない信念が、決して平坦ではない道でも歩みを止めなかったからこそ、今がある。あのPKのときに見せた表情は、積み重ねて来た男の真の姿を映し出したに過ぎなかった―。