Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

決定したばかりのJリーグ再開はどうなる?!名古屋の金崎夢生が新型コロナ感染

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 7月4日のJ1リーグ再開が決まったばかりのサッカー界に衝撃が走った。名古屋グランパスに所属する元日本代表FW金崎夢生(31)が、新型コロナウイルスに感染したことが判明した。2日深夜にオンラインによる緊急会見を実施した、グランパスの小西工己代表取締役社長が明らかにした。  グランパスによれば、金崎は5月29日のグループ練習後に38.5度の発熱と頭痛、倦怠感を訴えた。クラブがオフになった翌日からの2日間は自宅で静養し、同31日には36.2度と平熱に下がった。しかし、全体練習が始まる直前の1日朝になって38.0度に上がり、頭痛と倦怠感も覚えた。  自らの身体に再び異変が生じた状況を受けて、金崎は全体練習を欠席。愛知県内の病院でPCR検査を受けた結果、一夜明けた2日に新型コロナウイルス感染の陽性反応が出た。2日夜の時点で36.3度の平熱に戻っているものの、愛知県内の病院に入院して体調の回復に努めているという。  小西社長によれば、現時点で金崎の感染経路はわからないとしている。ただ、クラブが長く活動を休止し、選手たちには自宅待機が要請されていた5月14日と15日に、金崎は神奈川県内の親類宅を自らの車で訪ねている。神奈川県は政府から緊急事態宣言が発令されている最中だった。  一方で愛知県豊田市の発表によれば、3月下旬にサガン鳥栖から期限付き移籍で加入した金崎は、生まれ育った三重県の在住となっている。そして、三重県と愛知県を含めた39県では5月14日をもって、8都道府県に先駆ける形で緊急事態宣言がいっせいに解除されていた。  そうした状況を受けてかどうかを含めて、金崎が親類宅へ向かった理由も小西社長は確認できていないとした。ただ、緊急事態宣言が解除された後も、県をまたいでの移動はできるだけ自粛してほしいと政府から要請されていた時期だけに、軽率な行動だったという批判も招きかねない。  小西社長は会見で2日から活動を再び休止させ、選手やスタッフを自宅待機させていると明言した。同時に保健所の指導のもとで豊田市内の練習拠点、トヨタスポーツセンター内の施設の消毒や、金崎が参加した27日から29日までのグループ練習における濃厚接触者を特定させる作業に協力していく。

【関連記事】