Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名スカウトが選ぶ2019年ドラフト逸材9人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

2019年の年明けと共に各球団のスカウトは今秋のドラフト候補者のスケジュールの整理を始める。2月には大学、社会人のキャンプがあり3月23日にはセンバツ高校野球の開幕を迎える。昨秋のドラフトは、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)の大阪桐蔭の2人に小園海斗(広島)、吉田輝星(日ハム)と甲子園のスターが主役になった。では、今秋のドラフトは、どうなるのか。ずいぶんと気の早い新春企画だが、元ヤクルトの名スカウト、片岡宏雄氏に2019年の気になるドラフト候補をピックアップしてもらった。   「全体的に誰が見ても、間違いなく、この選手は即戦力、1位競合という選手はいない。高校生については、冬から春に一番伸びるし、吉田輝星のように夏に大きく成長する選手もいるので、この段階での評価は時期尚早であるが、現時点で言うなら豊作とは言えないドラフトだろう。ただ素材とすれば高校生のピッチャーには楽しみな面子が揃っている」  片岡氏の全体評は厳しいものだったが、高校生の投手には、2年生で甲子園を沸かせた150キロ級が揃っている。  その中でも片岡氏が「ビッグ3」としてピックアップしたのが、星稜の奥川恭伸と、みちのくの怪物、佐々木朗希、創志学園、西純矢の右腕3人。中でも、総合力でナンバーワンとするのは、星稜の奥川だ。昨夏の甲子園の開幕戦となる大分藤蔭戦で150キロを記録。2年生ながらU-18侍ジャパンに選ばれた。秋の明治神宮大会では、初戦の広陵戦で7回11奪三振無失点。準決勝の高松商戦でも7回12奪三振の三振ショーを見せつけた。センバツ出場も濃厚だ。 「我々の世界でいう“間に合うピッチャー”。つまり、試合を作ることができる投手で、まとまっている。名門校だけあって実戦的。最速150キロの力はあるし、コンスタントに140キロ中盤は出す。コントロールもそこそこ。スライダー、フォークの切れ、制球力もある。総合力という点で判断すれば彼が一番だろう」  将来性を考えた素材力で言えば、甲子園出場はないが、岩手大会で150キロ超えを連発して日米のスカウトが集結した大船渡の佐々木だ。昨秋の岩手大会の盛岡三戦では自己最速の157キロを出した。189センチの恵まれた体格。スライダー、フォークの変化球も抜群で“二刀流”の大谷翔平を彷彿させる。  だが、片岡氏の評価は、あくまでも素材力。 「まだ基本的なフォームも体もできていない。上体が突っ立っていて体を使いこなせていないからリリースもバラける。それでも、これだけのスピードのあるボールを平均して出せるのだから、相当の潜在能力だろう。大化けする可能性あり。時間をかけて育てたい素材だが、大谷クラスかと言うと少し違うだろう」  片岡氏が「性格がプロ向きだ」と買うのが西だ。昨夏の甲子園では1回戦の創成館(長崎)戦で16奪三振の完封勝利。2回戦の下関国際戦では179球を投げたタフさもある。ストレートの最速は150キロ。スライダーも武器になる。 「派手なガッツポーズや雄叫びが物議を呼んだが、気持ちを前面に出す性格はプロ向き。ストレートには打者を押し込んでいくような球威があって変化球もいい。なにより伸びしろを感じさせる。2年生ながら、私は吉田輝星よりも評価していた。春から夏にかけてどれだけ伸びるか」    左腕では横浜の及川雅貴が153キロをマークしているが、「左腕でこれだけ投げると評価されるだろうが、まだボールが軽い。コントロールも安定していないので、これからの様子を見たい」と評価を下げた。日大三高の井上広輝も、故障明けとなった昨夏の甲子園で150キロを出して存在感を示したが、「まだ球筋が安定していない。途中でばらける」と、現段階ではB評価に留まった。

【関連記事】

最終更新:
THE PAGE