Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜FCの53歳FW三浦“カズ”が4630日ぶりにJ1ピッチに立つ可能性「PKのキッカーはカズ!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 4630日もの歳月を乗り越えて、キングカズがJ1公式戦の舞台に帰ってくる。53歳の現役最年長選手、横浜FCのFW三浦知良が5日に敵地・駅前不動産スタジアムで行われる、サガン鳥栖とのYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節へ臨む遠征メンバーに名を連ねることになった。  3日にオンライン取材に応じた、横浜FCの下平隆宏監督が「メンバーとして遠征に行ってもらおうと思っています」と明言した。2007シーズン以来、13年ぶりにJ1の戦いに挑んでいる今シーズンの横浜FCで、カズは公式戦10試合目にして初めてピッチに立つ権利を得ることになる。  1日のサンフレッチェ広島との明治安田生命J1リーグ第8節で敗れている横浜FCは、ルヴァンカップから中2日でガンバ大阪との同第9節が待つ。  8日間で3試合を戦う過密日程へ、下平監督は「リーグ戦にかかわっていないメンバーが、多く出場することになる」とサガン戦で選手を大幅に入れ替えるプランを明かした上で、初めてベンチ入りするカズを中心に生じる変化に期待を寄せた。 「チームがなかなか勝てない状況で、カズさんがメンバーで行くだけでも、チームのなかでエネルギーを発揮してくれると思います。カズさん自身も試合に出場することに対してすごく意欲を見せていて、本当にいい準備をしているので、もちろんプレーの面でも期待しています」  カズよりも年下の48歳とあって、メディアの前で「さん」づけで呼ぶ下平監督の言葉通りに、横浜FCはリーグ戦で4連敗を喫している。  第5節で川崎フロンターレに1-5、第6節では横浜F・マリノスに0-4と大敗。抜擢されている若手選手たちが自信を失いかけた状況に、再開後の過密日程で蓄積された疲労が追い打ちをかける形で、浦和レッズ、サンフレッチェにも0-2で敗れた。 「ちょっと重たい感じはありましたし、疲労はかなりあると思います。そこへなかなか結果がついて来ない状況で、肉体的な疲労にメンタル的なものも来ているところがあるので、ルヴァンカップが入ることで流れが変わるきっかけになると、僕はポジティブに考えています」  現状をこう語る下平監督は新型コロナウイルスによる長期中断の前後で、大胆な変化を横浜FCに加えている。J2で2位に食い込んだ昨シーズンから継続してきた[4-2-3-1]システムを[3-5-2]へスイッチ。22歳の一美和成、18歳の斉藤光毅で組む2トップを中心に、先発メンバーの平均年齢も開幕節の27.82歳から、北海道コンサドーレ札幌との再開初戦では25.91歳へ若返った。

【関連記事】