日米の不気味なスキャンダルは米国で山場を迎え日本では暗闘となった有料

…トランプ大統領は「ウクライナ疑惑」で弾劾訴追された。日本では「関電疑惑」が時間稼ぎされている間に、安倍総理を凌ぐ力をつけた菅官房長官が次々に攻撃の矢面に立たされている。ただこちらは暗闘なので見えない。

2019年12月19日(木) 22時15分-政治(田中良紹)

ところで日本の首相は「弾劾」できるのか

ところで日本の首相は「弾劾」できるのか

…絶対総選挙(議員全員を選び直す)なります。選挙結果の如何に関わらず内閣はいったん総辞職して国会の首相指名選挙が行われるので、実質的な任期は4年でしょう。

2019年12月19日(木) 11時0分-政治(坂東太郎)

欧米の株価指数は過去最高値を更新、これに違和感はあるが、そうなった理由も存在する

欧米の株価指数は過去最高値を更新、これに違和感はあるが、そうなった理由も存在する

…は高値を更新してしまう、という状況にいる。  2020年は米国では大統領選挙が控えている。そして日本ではオリンピック・パラリンピックも開催される。日欧…

2019年12月19日(木) 9時25分-経済総合(久保田博幸)

「男女平等」で前進するアラブと停滞する日本――鍵は政治の決断力

「男女平等」で前進するアラブと停滞する日本――鍵は政治の決断力

…日本で女性の政治進出が遅れているのは、政治の側に大きな責任があることになる 。  選挙すらまともに行われていない国が多いアラブ圏はともかく、それに次いで女性の社…

2019年12月19日(木) 8時22分-国際総合(六辻彰二)

過去に弾劾されそうになった3大統領とトランプ氏との比較

過去に弾劾されそうになった3大統領とトランプ氏との比較

…行使以外の何ものでもありませんが、実際にはいずれも2年ごとの選挙(大統領選または中間選挙)をにらんで野党が問題を提起するか、与党が大統領を守り切るかの…

2019年12月18日(水) 11時0分-国際総合(坂東太郎)

「欧米の株価指数は過去最高値を更新に違和感」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年12月18日有料

「欧米の株価指数は過去最高値を更新に違和感」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年12月18日

…日経平均の年初来高値はさておき、欧米の株価指数の過去最高値更新についてはやや違和感を覚えるところとなろう。株価は景気を映す鏡とも言われるが、現在の欧米の景気がそれほど過熱しているようには見えない。

2019年12月18日(水) 10時26分-経済総合(久保田博幸)

トランプ大統領に及びそうな「弾劾」とは何だ

トランプ大統領に及びそうな「弾劾」とは何だ

…  下院の訴追が現実味を帯びるのは共和党のライバル民主党が2018年中間選挙で過半数を奪還したのが最大の要因です。訴追は過半数以上の賛成と決まっているので。

2019年12月18日(水) 6時0分-北米(坂東太郎)

岐路に立つ日本代表サッカー。E1選手権でスタイル激変。方向性はどこにいく

岐路に立つ日本代表サッカー。E1選手権でスタイル激変。方向性はどこにいく

…が、会長選挙に立候補して落選。代表チーム強化の現場から去ることになった。ハリルホジッチを解任し、西野朗氏を新監督に招いたのは、原氏と会長選挙を戦い勝利…

2019年12月17日(火) 6時34分-サッカー(杉山茂樹)

安倍首相の「お膝元」で進む元秘書市長主導の“大学破壊”

安倍首相の「お膝元」で進む元秘書市長主導の“大学破壊”

…市立大学の経営・運営に対する市の責任とは  前田市長が、選挙で選ばれた市のトップの市長は、同様に選挙で選ばれた市議会の多数の賛成を得れば、市立大学の予算も…

2019年12月16日(月) 11時56分-社会(郷原信郎)

近頃流行りの「忘年会スルー」に「違う!そう!」と言いたい理由

近頃流行りの「忘年会スルー」に「違う!そう!」と言いたい理由

…いいのかもしれないが、もっと大切なことまで「スルー」する風潮も否めない。選挙の投票率の低さは「スルー」する人が多いからでは? 日本の中にもいろんな人が…

2019年12月16日(月) 11時1分-ライフ総合(井出留美)